監視・衛星サーベイランス

記事転載:遠隔的神経監視(RNM=リモート・ニューラル・モニタリング=人間の脳の生体電気情報の遠隔監視)

NSAのEMF設備はパーソナルコンピュータの回路基盤のRF輻射に同調することができる。(モニターと電源装置からのノイズ輻射を除外しながら)。PC回路基盤からのRF輻射はPCのデジタル情報を含んでいる。NSAの機器からの暗号化されたRF波はPC回路と同調すること…

記事転載:近赤外線は常に当てられ体内に吸収されている

evidenstyle.com 近赤外線は常に当てられ体内に吸収されている 健康になる知識 太陽光に含まれる近赤外線は、雨の日や曇りの日でも地表に降り注いでいます。肌にあたった近赤外線は、真皮の奥深く(波長によっては皮下脂肪や筋組織まで)届きます。 特に800…

記事転載:近赤外線遮断剤について

近赤外線遮断剤について | NIRウェルネス・マーケティング株式会社 http://nir-wellness.co.jp/?page_id=17 近赤外線遮断剤について SPF、PAが高くても、可視光線、近赤外線領域では15%前後しか遮断できていない。水コロイドを10%配合することによ…

記事転載:「近赤外線」と光老化促進作用…その抑制法について

ameblo.jp 「近赤外線」と光老化促進作用…その抑制法について 2015-04-06 19:20:53 テーマ:ケミカル雑学 一日一回のランキング投票にご協力ください。 ↓クリックで投票完了↓ しばらくUV関連の記事を書いていますが、今回のテーマでとりあえず一旦としておき…

書籍再紹介:「国家と情報」警視庁公安部「イスラム捜査」流出資料を読む P1-P5

ブログ記事がいつの間にか消されていたので http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN978-4-7684-5663-7.htm

2018/02/24 衛星V2k思考盗聴メモ

12:34未送信 「自らのイメージ次第で無限。なのに人工物が誤認や打消しを生じさせる」

ちなみに、遠隔コンピューター経験数が2以上の人へ再帰されている周波数は、高い確率でコンピューターバーチャルでの体験になっていると思われる。コピーだということ その本当のあり方を知りたい人は、自ら意識しないままフロンティアを走るしかない。何故…

青森F16燃料タンク落下事件 追加情報

朝日 追記なし 毎日 追記あり(写真あり) 東京 追記あり(写真あり) 日経 追記あり 産経 不明(読めず) これを記載中、衛星から遠隔で脊髄を攻撃される

青森F16燃料タンク落下記事その後 読売記事

電磁波対策

筋肉じゃないけれど、額(前頭葉)にも電気を左右に通してコントロールをしているときがあるので、鉄やアースなどで除電しましょう あと喉や首や腹も気を付けましょう

書籍紹介:「スノーデン監視社会の恐怖を語る」

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録 | 毎日新聞出版 P141〜 なぜ模範的市民までターゲットにされるのか