πνευμα (プラーナ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

1996年から、20数年に及ぶ殺人人体実験者と公安(2018/08/30消された文章)

最新の人体実験 1.アルミ帽を被っていても、身体から脳に侵食し、小脳をコンピューター的に囲いハック。 本質的に対処できない素材や加工物には、それを体に近づけるだけで身体違和感または経絡繋ぎをしてくる 身体(膝、肘、足首内側付近)、特に「膝に特殊な設定を施し、そこから全身に影響を及ぼす」とこぼす。一種全体に軽い麻痺を起こす。 その状態で大脳から、本人に質問しなくとも、本人の恒常的意識にない情報を奪う 彼らは、オーストラリアのせいにしたが、日本、特にストーリー夢を専門に見させる組織が絡んだ状態で実行に及んだ。 ヨーロッパの連中は不都合があるとすぐ逃げると述べていた 恐らくアメリカ系コンピューター技術のもと、医療系NWOマッドが絡んだ状態で、公安または警視庁が呼び出されたと推測される。「このような技術を使ってなにに応用できるか?」など医療系マッドが犯行後話し合っていた。また「津田沼の警察につたえましょうかね」と土地勘のないことを言っていた(ここを後から追加したら、「構うな」とイワモトツトムのダミー声。これを使うのは公安関係が主) 2.先日、津田沼中央総合病院に、朝あばらを折られたので行ってきた。待合室にいると医療系ニューロフォン連中が焦り、ニューロフォン(テレパシー)を使用した年配男性医療の人物が、形成外科の坂なつみ先生に「どのように喋るかニューロフォンで焦って指導」し(橋浦満広のその時のニューロフォン担当の背後から音声が聞こえてくる)、同時に「橋浦満広の頭部に複雑に設定した電気線を解除し頭部の歪みを中途半端に解除した」。その状態診察開始した坂なつみは、レントゲン診断のみ行い、「レントゲンにはなにも写らない」痛みを訴えると後から軟骨部の折れを指摘。ひどい痛みがありあばら骨が歪んでいるにも関わらず、「なんら処置をしなかった」。あばらは横隔膜など含め繋がっている臓器でもあり、レントゲンに骨しか写らないなら内科などに誘導すべきだったが、一切取り合わず、「病的なものは見当たらない」の一言だった。また、痛み止めの薬も「いりますか?」と投げ捨てるように言葉を吐いて終わらせた。終端部から伸ばすCa2+に関しては一切取り合わなかった。 同時に、同病院で右目の診療にも行ったが、突然(電磁波と思われる)外的疾患から大量の飛蚊症になったにのだが「病的なものは見当たらない」から答えがはじまった。外的疾患なので病的ではないだろう。こちらは次回目に写るものが増えたら来てくださいと、二回目以降でないとわからないという言葉が添えられた。 その夜BMI医療または研究者系が夜にあばらを歪めて治してなにもなかったかのような完全犯罪を行なった。 橋浦満広のあばら骨下は、前に反っているのが通常で、その反りを内側に歪め、骨折した就寝中に終端部にCa2+を集め、あばら下部と腰骨を偽骨で繋げ、起床時に伸びまたは不用意に起きるとあばらが折れる設定に骨が折れた日にしていた模様。その後も別人物が何度か同じことをしてきた。これは腰とあばらの間に、除電または絶縁を巻けば対処できる。 救急が入るような若い医者がいる総合病院は、ニューロフォンマッド医療と繋がりがあるので行くべきではない。当然大学病院はNG。特に採血、注射、インプラントは避けるべき。なにも思わず注入する医療従事者がいるからだ。橋浦満広は2015年1月船橋の献血ルームで、男性医療従事者二人に目配せの上それをやられ、声の仕事なのに一週間声が出せなくなったことがあった 既に医療 警察は信頼に値せず、水道水も前倒しで水になにか入れられていると噂で何度も仄めかされている。 以上

音メモ 画像メモ ブックマーク 書籍 対策 用語集

熱弾性波理論

参照元

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14116897284

------------------------------------------------------------------------------------------------

幻覚・幻聴を消すには本人を殺すしかないですか?

ythdyphycsさん

2013/11/2315:06:43

幻覚・幻聴を消すには本人を殺すしかないですか?

24時間自分の頭の中を支配してきます。
本人が消えなければ幻覚も消えないでしょうか?
もう半年以上ずっと悩まされています。

補足境界性人格障害でもあります。
相手のことが死ぬほど憎いです。

閲覧数:
1,420
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

  

 

  

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/11/2315:15:42

おそらく自律神経障害です。病院にいってみては?

補足

世界仰天ニュースでもやってました。病院に行けば治ったそうです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

 

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順
  

patentcomさん

2013/12/101:03:49

マイクロ波は一定の条件で聴こえます。

そこで、誰かが、マイクロ波を頭部に照射して、
質問者さんに音や声を聞かせているのでしょうね。

マイクロ波はレーダーに使われるので、
レーダー技術を応用して、
頭部に継続してマイクロ波を照射して、
継続して音や声を聞かせているのでしょう。

幻聴の声の内容は、
被害者の思考を反映していることがあります。

質問者さんが
加害者と思っている人の声でも聴こえるのでしょう。


以下、マイクロ波の可聴に関します。

ラジオ、テレビ、携帯電話の電波が聴こえないのは
日常、経験することであり、
この経験則に基づいて、
全ての電波が聴こえないと一般化されている。

ところで、ラジオ、テレビ、携帯電波の電波は、
基本的には連続した正弦波であり、
この正弦波に音声信号、映像信号を乗せている。

一方、人間に聞こえるマイクロ波の波形は、
正弦波でなく、パルスの一種の矩形波であり、
波形が全く異なる。

矩形波では電位が急激に増減するのに対して、
正弦波では電位が連続的に変化する。

マイクロ波は正弦波のとき聴こえないのに対して、
矩形波のときに聴こえます。

マイクロ波が人間の聴覚を刺激する実験結果は
50年以上前の1962年に報告されている。

米国コーネル大学ゼネラル・エレクトリック先端電子センター、
アラン・フレイ教授は、マイクロ波パルスを人間の頭部に照射する実験を行って、マイクロ波パルスが音として聞こえる条件を明らかにした。

この実験結果は、米国生理学会が発行している
応用生理学ジャーナルに掲載されている。

具体的には、1962年の応用生理学ジャーナル、
17(4)689~692ページに
マイクロ波聴覚効果に関して、
「変調された電磁波エネルギーに対するヒト聴覚系の応答」
という論文があります。

例えば、1.31GHzのマイクロ波をパルス幅 6マイクロ秒で、
1秒に224回、パルスを繰り返すという条件で、
マイクロ波を頭部、側頭葉に照射すると聴こえた。

マイクロ波の可聴は、
熱弾性波理論で説明されている。


まず、マイクロ波の照射により、
マイクロ波が最初に照射された部分の水が加熱され、温度が上がる。

次に、水の温度上昇に伴って、水の体積が増える。

水の一部、即ち、マイクロ波が照射された部分だけ体積が増加するので、
この体積増加が波として水中を伝わっていくというのである。

水中を伝わる波なので弾性波であり、
熱により弾性波が発生しているので、熱弾性波というのである。

Science 19 July 1974:
Vol. 185 no. 4147 pp. 256-258

"Microwave Hearing: Evidence for
Thermoacoustic Auditory Stimulation
by Pulsed Microwaves"
Kenneth R. Foster and Edward D. Finch


次に、マイクロ波聴覚効果の生理機構に
内耳の蝸牛が関与することを示した実験を紹介する。

耳は、外耳道が形成されている外耳と、
鼓膜などがある中耳と、
蝸牛と前庭がある内耳に分化しています。

蝸牛は渦巻きの形態をしており、
鼓膜から伝わった振動を電気信号に変換し、
この電気信号が内耳神経を伝達します。

更に詳細には、蝸牛の内有毛細胞が内耳神経に
電気信号を伝達する機構に関与しています。


蝸牛には2つの蝸牛孔が形成されており、一方を正円窓という。

918メガヘルツのマイクロ波パルスをギニア豚に照射し、
内耳の蝸牛の正円窓にて50キロヘルツの振動が発生するとともに、
内耳神経に50マイクロボルトの電位を発生させています。

従って、マイクロ波聴覚効果でも、
通常の音の伝達と同様に、内有毛細胞が関与している。

この実験結果は、下記の論文ですね。

マイクロ波パルスにより発生する蝸牛のマイクロホン電位」

”Cochlear microphonics generated by microwave pulses”

Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH

The Journal of Microwave Power [1975, 10(4):361-7]