俺がなにか食べるときに、同じように味わおうとしたりする。

危険性をご理解の上、ご利用くださいと、今回連中の利用前に説明が入りました。

自らの身を守れる人がおこなうべきでしょうね。

私は無駄にしませんでした。全てが実りある示唆に富んだものでした。自分の直観を信じられるので、どこにも偏らない落ち着いた中で、私が手にすべきものを手にした感覚があります。そこには特に高揚感もなく、「これだろう」という感じがありました。多分これでしょう。