結局、「恐怖支配の世界総統」という概念は、誰か一人に宿るものではなく、認知されていないテクノロジーによる脳への一方的送信として形をなした。それを運用しているのが、悪魔崇拝者で、アナグラム的に解したに過ぎない自己押し付けである。またそれらを自らのこととして受け止められず、周りに「お前のことだ」、「答えあわせだ」と意味不明なことを無知な羊に頒布している模様。彼らの私意的な予言成就はあまりにバカなカルトで、その裏でデータ集めをして私利私欲を満たしている公なふりをしたキツネ全てが、暴落していく