規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

自分のためでなければ、その自らのエネルギー値、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

ちなみに身体内部での生体電流攻撃は、身体必須元素であり、強誘電体でもある「コバルト」を利用して生成される。

身体内から、コバルトがなくなると、攻撃力は低下する

また、手のひら、足の裏など磁力が強い場所や大きな筋繊維上で、外部からの電磁波から細胞内の電子に干渉し(エックス線、ガンマ線レベルでないとその極小領域には干渉できない)、電磁スピン効果で交流磁場的に電流を発生させ、身体内の帯電量増大を引き起こし、脳への遠隔コンピューターマウントを図ってくることがある。アースしているときにやってくることがある。生体電気量が足りなければ、遠隔コンピューターを白黒モードに移行させ、なんとしてでも機能させてくるのだ。

また各電磁波レベル(α、β、紫外線、エックス線、ガンマ線など)により、頭蓋骨内へ届く透過率が違う。海外のキチガイキチガイプレイをする。これら電磁波の周波数を自在に変化させられるものを「パルス」と呼ぶ。これらを遮断したいなら、それらの周波数に合わせた遮断素材を認識する必要がある。

また、電磁波ではなく、磁界を利用した攻撃があり、極低磁界はなかなか止められないとも言われている。

私たちはなかったら地球のシューマン共鳴の周波数に合わせて生きてきたのであり、生活圏内の家電やスマートフォン、飛び交う無線や電磁波など現在受けているものを意識し、過剰に帯電した自らをまずプレーンに整える必要があるのだ。そこから各プラスの周波数が既に確認されているので、それらに音叉共鳴のように身体振動数(周波数)を適時合わせていくことが現代では望ましいのかもしれない