πνευμα (プラーナ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

1996年から、20数年に及ぶ殺人人体実験者と公安(2018/08/30消された文章)

最新の人体実験 1.アルミ帽を被っていても、身体から脳に侵食し、小脳をコンピューター的に囲いハック。 本質的に対処できない素材や加工物には、それを体に近づけるだけで身体違和感または経絡繋ぎをしてくる 身体(膝、肘、足首内側付近)、特に「膝に特殊な設定を施し、そこから全身に影響を及ぼす」とこぼす。一種全体に軽い麻痺を起こす。 その状態で大脳から、本人に質問しなくとも、本人の恒常的意識にない情報を奪う 彼らは、オーストラリアのせいにしたが、日本、特にストーリー夢を専門に見させる組織が絡んだ状態で実行に及んだ。 ヨーロッパの連中は不都合があるとすぐ逃げると述べていた 恐らくアメリカ系コンピューター技術のもと、医療系NWOマッドが絡んだ状態で、公安または警視庁が呼び出されたと推測される。「このような技術を使ってなにに応用できるか?」など医療系マッドが犯行後話し合っていた。また「津田沼の警察につたえましょうかね」と土地勘のないことを言っていた(ここを後から追加したら、「構うな」とイワモトツトムのダミー声。これを使うのは公安関係が主) 2.先日、津田沼中央総合病院に、朝あばらを折られたので行ってきた。待合室にいると医療系ニューロフォン連中が焦り、ニューロフォン(テレパシー)を使用した年配男性医療の人物が、形成外科の坂なつみ先生に「どのように喋るかニューロフォンで焦って指導」し(橋浦満広のその時のニューロフォン担当の背後から音声が聞こえてくる)、同時に「橋浦満広の頭部に複雑に設定した電気線を解除し頭部の歪みを中途半端に解除した」。その状態診察開始した坂なつみは、レントゲン診断のみ行い、「レントゲンにはなにも写らない」痛みを訴えると後から軟骨部の折れを指摘。ひどい痛みがありあばら骨が歪んでいるにも関わらず、「なんら処置をしなかった」。あばらは横隔膜など含め繋がっている臓器でもあり、レントゲンに骨しか写らないなら内科などに誘導すべきだったが、一切取り合わず、「病的なものは見当たらない」の一言だった。また、痛み止めの薬も「いりますか?」と投げ捨てるように言葉を吐いて終わらせた。終端部から伸ばすCa2+に関しては一切取り合わなかった。 同時に、同病院で右目の診療にも行ったが、突然(電磁波と思われる)外的疾患から大量の飛蚊症になったにのだが「病的なものは見当たらない」から答えがはじまった。外的疾患なので病的ではないだろう。こちらは次回目に写るものが増えたら来てくださいと、二回目以降でないとわからないという言葉が添えられた。 その夜BMI医療または研究者系が夜にあばらを歪めて治してなにもなかったかのような完全犯罪を行なった。 橋浦満広のあばら骨下は、前に反っているのが通常で、その反りを内側に歪め、骨折した就寝中に終端部にCa2+を集め、あばら下部と腰骨を偽骨で繋げ、起床時に伸びまたは不用意に起きるとあばらが折れる設定に骨が折れた日にしていた模様。その後も別人物が何度か同じことをしてきた。これは腰とあばらの間に、除電または絶縁を巻けば対処できる。 救急が入るような若い医者がいる総合病院は、ニューロフォンマッド医療と繋がりがあるので行くべきではない。当然大学病院はNG。特に採血、注射、インプラントは避けるべき。なにも思わず注入する医療従事者がいるからだ。橋浦満広は2015年1月船橋の献血ルームで、男性医療従事者二人に目配せの上それをやられ、声の仕事なのに一週間声が出せなくなったことがあった 既に医療 警察は信頼に値せず、水道水も前倒しで水になにか入れられていると噂で何度も仄めかされている。 以上

音メモ 画像メモ ブックマーク 書籍 対策 用語集

記事引用:金貸し支配の構造③ イギリスの黒い貴族:ヴェルフ家 - 金貸しは、国家を相手に金を貸す

 
2016-08-14

金貸し支配の構造③ イギリスの黒い貴族:ヴェルフ家

<イギリス王室ウィンザー家の人々>

<イギリス王室ウィンザー家の人々>

初回記事の分析に基づき、黒い貴族とは具体的にはどのような一族なのか?を見ていく。今回は、イギリス王室を支配し、その後米国支配の礎を築いていったヴェルフ家を取り上げる。

●ヴェルフ家

>ヴェルフ家は、コーカサス地方のスキタイ族ゲルマン民族(白人)が出自といわれている。
コーカサスからトルコに下り、トロイに国家をすえた民族とのこと。トロイ帝国に代表される国家、都市を各地で建設する。
>紀元前11世紀トロイのフランシオン王子率いるフランク族ドナウ川以西に移住、王子の名前フランシオンから後にフランス国家の名が取られる。
シャンパーニュ地方にトロワ(トロイ)という町が作られ、トロイ王パリスの名を取り首都パリが建設される。ロンドンの前身をニュートロアと命名している。
★但し、ヴェルフも「黒い貴族」といわれるという説もあることから、白人出自の説は捏造されている(サヴォイと同じセム系の出自の)可能性もある。

>ヴェルフ家が歴史的に登場するのは、サヴォイ家と同時期(9世紀)で、ドイツのバイエルンの出自と言われている。
>その後、各地に勢力を伸ばして行き、フランク王国やベルギー、ブルガリアポルトガルへと拡大していく。その過程で、ヘッセン家やエステ家と血縁を結んでいく。
特筆すべきは、ヴェルフ家は後にイギリス:ハーノーバー家→ウィンザー家と血縁を結び、イギリス王家として今尚君臨している点。

○ヴェルフ家の勢力拡大

①イギリス東インド会社の設立
宗教改革をきっかけに、イギリスでもピューリタン革命が起こり、カトリックからの独立→イギリス国教会の設立と王政復古を遂げる。イギリス王家によるカトリックの規制から逃れた自由な経済活動へシフトしてく。
自由な経済活動の手始めとして、大航海をシステム的に運用するために、「イギリス東インド会社」を勅許会社(国王の勅許)から株式会社へとシフトした。
>イギリスは、三角貿易を通じて莫大な利益を獲得し、後の産業革命をもたらすこととなる。

フリーメイソンに対抗するイルミナティ
ヴェルフ家→ヘッセン家→ロスチャイルド陣営は、フリーメイソンに対校する形で、イルミナティ組織を取り込み、オカルトめいた思想や攻撃的な姿勢で恐怖を煽っていた。

③アメリカ国家の侵食
アメリカ独立戦争で傭兵部隊をイギリスに貸し出していたのがヘッセン家で、イギリス王家の命を受けその資金を工面していたのがロスチャイルド。イギリスが敗れたとはいえ、巨額の利益がヘッセン家、ロスチャイルド家にもたらされることになった。
>この戦争で、サヴォイ→デル・バンコ→フリーメイソン陣営が勝利した形となったが、その後イルミナティ勢力がじわじわとアメリカ国家を侵食していくことになる。

金主の系譜のまとめ②>より引用

 

ヴェルフ家はゲルフ派の筆頭で、そのゲルフ派に資金援助してたのがベニスの黒い貴族=プルート・オリガルキー(金権寡頭権力体制)であったという説があり、ヴェルフ家の出自も「黒い貴族」である可能性がある。
「黒い貴族」→ゲルフ派とは?②>参照

ヴェルフ家がコーカサス地方のスキタイ族(遊牧騎馬民族)が出自だとすれば、イラン高原で勃発した戦争で玉突き的に押し出されてきた略奪部族の一派である可能性がある。その後、トルコ→フランス→ドイツ→イギリス等へ次々と勢力を拡大していることからみて、相当な侵略性を持った部族であったことは間違いないだろう。

注目すべき点は、イギリス東インド会社の設立に大きく関わっており、今尚イギリス王家として君臨している点である。おそらく、イギリスロスチャイルドの金主様としてロスチャイルドの上に立っているのではないかと推察される。

サヴォイ→デル・バンコが組織したロンバルディア地方(イタリア)の石工組合:フリーメイソンに対抗する形で、ヴェルフ家→ヘッセン家→ロスチャイルド陣営はイルミナティ組織を取り込んで行ったのも注目される。アメリカ独立戦争でイギリスが敗れたにもかかわらず巨額の利益を手にしているところからみて、現代にいたるロスチャイルド(→ロックフェラー)の米国支配の礎を築いた元締めがヴェルフ家だったのではないかと考えられる。

www.kanekashi.com

 

 

 

*「イルミナティ」という言葉でZAI(罪)が強い反応を示した。隠ぺいをしたい模様