πνευμα (プラーナ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

1996年から、20数年に及ぶ殺人人体実験者と公安(2018/08/30消された文章)

最新の人体実験 1.アルミ帽を被っていても、身体から脳に侵食し、小脳をコンピューター的に囲いハック。 本質的に対処できない素材や加工物には、それを体に近づけるだけで身体違和感または経絡繋ぎをしてくる 身体(膝、肘、足首内側付近)、特に「膝に特殊な設定を施し、そこから全身に影響を及ぼす」とこぼす。一種全体に軽い麻痺を起こす。 その状態で大脳から、本人に質問しなくとも、本人の恒常的意識にない情報を奪う 彼らは、オーストラリアのせいにしたが、日本、特にストーリー夢を専門に見させる組織が絡んだ状態で実行に及んだ。 ヨーロッパの連中は不都合があるとすぐ逃げると述べていた 恐らくアメリカ系コンピューター技術のもと、医療系NWOマッドが絡んだ状態で、公安または警視庁が呼び出されたと推測される。「このような技術を使ってなにに応用できるか?」など医療系マッドが犯行後話し合っていた。また「津田沼の警察につたえましょうかね」と土地勘のないことを言っていた(ここを後から追加したら、「構うな」とイワモトツトムのダミー声。これを使うのは公安関係が主) 2.先日、津田沼中央総合病院に、朝あばらを折られたので行ってきた。待合室にいると医療系ニューロフォン連中が焦り、ニューロフォン(テレパシー)を使用した年配男性医療の人物が、形成外科の坂なつみ先生に「どのように喋るかニューロフォンで焦って指導」し(橋浦満広のその時のニューロフォン担当の背後から音声が聞こえてくる)、同時に「橋浦満広の頭部に複雑に設定した電気線を解除し頭部の歪みを中途半端に解除した」。その状態診察開始した坂なつみは、レントゲン診断のみ行い、「レントゲンにはなにも写らない」痛みを訴えると後から軟骨部の折れを指摘。ひどい痛みがありあばら骨が歪んでいるにも関わらず、「なんら処置をしなかった」。あばらは横隔膜など含め繋がっている臓器でもあり、レントゲンに骨しか写らないなら内科などに誘導すべきだったが、一切取り合わず、「病的なものは見当たらない」の一言だった。また、痛み止めの薬も「いりますか?」と投げ捨てるように言葉を吐いて終わらせた。終端部から伸ばすCa2+に関しては一切取り合わなかった。 同時に、同病院で右目の診療にも行ったが、突然(電磁波と思われる)外的疾患から大量の飛蚊症になったにのだが「病的なものは見当たらない」から答えがはじまった。外的疾患なので病的ではないだろう。こちらは次回目に写るものが増えたら来てくださいと、二回目以降でないとわからないという言葉が添えられた。 その夜BMI医療または研究者系が夜にあばらを歪めて治してなにもなかったかのような完全犯罪を行なった。 橋浦満広のあばら骨下は、前に反っているのが通常で、その反りを内側に歪め、骨折した就寝中に終端部にCa2+を集め、あばら下部と腰骨を偽骨で繋げ、起床時に伸びまたは不用意に起きるとあばらが折れる設定に骨が折れた日にしていた模様。その後も別人物が何度か同じことをしてきた。これは腰とあばらの間に、除電または絶縁を巻けば対処できる。 救急が入るような若い医者がいる総合病院は、ニューロフォンマッド医療と繋がりがあるので行くべきではない。当然大学病院はNG。特に採血、注射、インプラントは避けるべき。なにも思わず注入する医療従事者がいるからだ。橋浦満広は2015年1月船橋の献血ルームで、男性医療従事者二人に目配せの上それをやられ、声の仕事なのに一週間声が出せなくなったことがあった 既に医療 警察は信頼に値せず、水道水も前倒しで水になにか入れられていると噂で何度も仄めかされている。 以上

音メモ 画像メモ ブックマーク 書籍 対策 用語集

記事引用:2016年世界情勢はこうなる!4~グノーシス派とナチスをつないだユダヤ教(サバタイ教団)~

2016-05-19

2016年世界情勢はこうなる!4~グノーシス派とナチスをつないだユダヤ教(サバタイ教団)~

 

ブリックスShabbatai2

ナチス・アメリカ」としてアメリカに入り込んだのが、「グノーシス派」イルミナティとのことだが、ナチス・アメリカがこれほどまでの残虐性を有した背景を辿っています。

それがハザール王国(現ウクライナ近辺)出自のサバタイ派ユダヤ教とのことで、通称:アシュケナージと呼ばれている。この勢力がナチス・ドイツの母体で、政権を握ったヒトラーが暴走しだしたことから、基のイタリア、グノーシス派両イルミナティの反感を買い、失墜させられたということらしい。

 

この説は、以前の記事『金貸し勢力のスパイの証言(15)~金貸しのマッチ・ポンプ方式と分割統合方式~』とも一定整合している。

::::::::::::::::::::::::::::

スターリンを支援したユダヤ資本家と、ヒトラーを支援したユダヤ資本家のウォーバーグ一族やオッペンハイマー一からによる両建て主義争いの結果が、ナチ党ヒトラーを崩壊させたのだ。ヒトラーを見限った強いユダヤ資本家が占い師や側近の閣僚、軍人やスパイなどをヒトラーの周囲に送り込んで戦争そのものを葬り去ったと見るべきだという話なのだ。

 第一次と第二次の世界大戦は、二派に分かれたユダヤ金融資本家らの争いだったとベラスコは私に語ったことがあった。両建て主義の構造から見れば、うなづける話なのだ。

::::::::::::::::::::::::::::

 

このアシュケナージの残虐性や科学性の背景について、中々興味深い記事です。サバタイ派ユダヤ教については、さらに深い歴史があるようなので、それについては次回紹介します。

 

以下、崩壊するアメリカ 巻き込まれる日本~2016年、新世界体制の樹立~(ベンジャミン・フルフォード著)

からの紹介です。

****************************

◆反(アンチ)「ナチス・アメリカ」勢力としてのBRICS

 

事実、世界は「革命」に向けて動き出している。

 

まずはパパ・ブッシュナチス・アメリカ」の企みに気付いたのが、ロシア大統領のウラジーミル・プーチンである。プーチンは、いわばナチス・アメリカに対抗するために2000年に大統領に就任したのだ。次は2002年、黄色人種を狙った「ウィルス兵器」SARSの被害にあった中国も立ち上がる。

 

そうして結集したアンチ「ナチス・アメリカ勢力」がBRICsなのである。語源はブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字だが、その実態はアンチ・ナチス勢力であり、BRICsは、既に非同盟諸国(東西冷戦か、両陣営に参加しなかった国や地域)を取りまとめて、巨大勢力を形成している。非同盟国家は118、オブザーバー参加国16、オブザーバー参加組織は8にも及ぶ。いわば世界の大半が「アンチ・ナチス」勢力に結集しているのだ。

 

2009年6月16日にロシアのエカテリンブルクで初めて開催されたBRICs首脳会議は、21世紀の「ヤルタ会談」だったと思って間違いない。1945年2月4日、クリミア半島のヤルタで開催された、アメリカ(ルーズベルト大統領)、イギリス(チャーチル首相)、ソビエト連邦スターリン国家主席)による首脳会談で、「戦後世界」の枠組みが決まったように、この「エカテリンブルク会談」で、ナチス・アメリカ後の世界の枠組みが決定された可能性は高い。事実、第2回のBRICS首脳(この時から南アフリカが加わりSが大文字になる)が一堂に会した「北京会談」は、アメリカによる3・11の一月後に当る2011年4月13日に行われている。「3・11」の大地震、さらに福島第一原発事故ナチス・アメリカの「テロ」というのが重要な議題となったのは、間違いないところだろう。おそらくBRICSの首脳は、これで「日本」も目が覚めて、BRICS陣営に参加すると思っていたようだが、残念ながら、日本人は、この「3・11」を機会に、むしろ、ナチス・アメリカへ急速にすり寄ってしまったが・・・。

 

私は一人の日本人として、それが本当に悲しく悔しいのである。

 

いずれにせよ、この「エカテリンブルク会談」以降、世界の情勢は一変した。ナチス・アメリカの「敗北」が決定的になったのだ。

 

話をイルミナティに戻すと、この情勢の変化に敏感に気付いた二つのイルミナティは、それぞれのルートを使って私に接触してきた。「自分達は悪くない、ナチス・アメリカに踊らされてしまった」と、内情を説明してきたわけだ。

 

彼らの話しによれば、自分達は、確かに9・11以後、アフガン戦争ぐらいまでは、パパ・ブッシュナチス派の指示に従ってきたという。しかし、イラク戦争前後に、さすがについていけなくなり、距離を置くようにした。因みに二つのイルミナティは、ナチス派とは違う「人工ハルマゲドン」(人間にチップを埋め込み、大半の人類を家畜にする計画)を考えていたようだが・・・。

 

ともあれ謎に包まれたイルミナティと、ナチス・アメリカが計画してきた人工ハルマゲドンの実体が明らかになり、私もそれを発信し続けてきた。

グノーシス派とナチスをつないだサバタイ教団

 

アメリカを変質させたのは、ブッシュ勢力である「ナチス派」であった。

しかしナチスはというだけで、全ての状況が説明できるわけではない。事実、本来のナチスの思想は、そこまで突飛なものではない。ナチスを擁護しているのではなく、単純にナチスの思想の源流となってきたグノーシス派には、そこまでの異常性、残虐性がないからである。もちろん、彼らは自らを悪魔教徒と認めて、「間違った世界」を破壊し、新しい世界を築くために非道な手段をとることを厭わないところがある。しかし、彼らの悪魔=堕天使であって、基本的には慈愛に満ち、常に正義を求めているとしているのだ。

 

そのグノーシス派から、どうして狂気ともいえるナチス派が登場したのか?

いわばナチス派の狂気は、何に由来しているのか、それが問題となるのだ。

 

私は、その疑問の答えを求めて取材を続けた。そうして辿り着いたのが「サバタイ」であった。サバタイとは、16世紀から17世紀、オスマン帝国内で隆盛した「ユダヤ教」カルトのことだ。しかし詳しく調べていくと、サバタイ派となった勢力の源流は、かなり古くから存在していたことが分かる。その由来は6世紀、クリミア半島で栄えた「ハザール王国」の支配階級にまでさかのぼれるようなのだ。

 

この「ハザール王国」がかつて栄えた現在のウクライナなどの東欧圏は、ちょうど、イスラム勢力圏とキリスト教勢力圏の境界となる。そのため中世以降、しばしば、この両陣営の戦いに巻き込まれてきた。キリスト教に付いた住人は、イスラム勢力に侵略されると奴隷に落とされる。逆も同様でイスラムに改宗した住人たちはキリスト教圏に支配されれば、ときには異教徒として虐殺の対象となる。

 

そんな宗教対立を避ける方便として「ユダヤ教」が隆盛したようなのだ。周知の通り、ユダヤ教は、一神教の元祖で、キリスト教イスラム教の母体となってきた。便宜上、ユダヤ教になることで両陣営に対して中立しようとしたわけだ。

 

こうしてハザールの住民達は積極的にユダヤ教に改宗、その後も東欧圏ではユダヤ教徒が増え続けていく。近世のサバタイ教団もその一つで、とりわけ悪質なカルト教団だったことから「サバタイ派マフィア」と呼ぶこともある。

 

ともあれ、ユダヤの地(カナン)でもなく、民俗学的なユダヤ人でない、ヨーロッパ系のユダヤ教徒が誕生した。のちの「アシュケナージ」(ヨーロッパに暮らすヨーロッパ系のユダヤ教徒)である。

 

そして、そのアシュケナージ(ヨーロッパ系ユダヤ教徒)たちは、自分達が民俗学的には無関係と言っていい「ヘブライ人」を祖先に持ち、かつてカナンの地で暮らしてきた「本物のユダヤ人」たちの末裔と信じ込んでしまった。それだけでなく、いつかカナンの地に戻ってユダヤ国家を樹立するというシオニズムまで押し付けられていく。

 

もうお分かりだろう。彼らヨーロッパ系のユダヤ教徒たちが、現在の「ユダヤ人」たちであり、イスラエルの国民なのだ。本物のヘブライ人、つまり、古代イスラエルの民は、中近東で隆盛したイスラム教に改宗して、そのままカナンの地で暮らしていた。それがパレスチナ人なのである。しかしナチス・ドイツは暴力と脅しによってアシュケナージたちをヨーロッパから追い出し、カナンの地(イスラエル)へと送り込んだ。その結果、本物のヘブライ人、つまり今のパレスチナ人の多くが、先祖代々が暮らしてきた土地から追い出される羽目になった、というのが歴史の真実なのである。

 

それだけではない。このサバタイ系ユダヤ教徒は、実は、ドイツにおけるナチス勢力の母体にもなってきた。いうなれば「ユダヤ人」を虐殺してきたナチスもまた、サバタイ系の「ユダヤ勢力」なのだ。

 

なぜ、こんな矛盾が起こるのか?

ここが長らく謎となってきた。

 

とはいえ、ウクライナのクーデター政権、その支持層がナチス的なのは事実であろう。ハーケンクロイツのような旗を掲げ、親ナチスの政治家達が集っている。それは、もともと、ウクライナがサバタイ派の根拠地で、そのサバタイ派がナチスの母体となっているからだ。

 

サバタイはユダヤ勢力とナチス派の類似性に疑いの余地はない。対立しているように語られてきた両者は、コインの裏と表の関係にある。この謎を解く鍵をようやく見つけた。気づいたのは、2015年になってからだ。もったいぶらずに答えを記そう。―――ヒクソスである。