自分とは何か?

規則的な時間がなく カタチを変え 互いの位相を交換する フラクタル構造体

4500年ほど前からの太陽系低振動解消のための、太陽・木星・土星の三体構造の提案
2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せるブログ。地球にいるのは人類だけではない



まとめ

旧約聖書において、何故「蛇」と「林檎」が信者から遠ざけられていたのか、「渦」と「ヴァン=アレン帯」を元に、現在の自らの状況と結びつけて考えよ。

また、旧約聖書圏以外では、「インド クンダリーニの昇華」「エジプト ピラミッドのホルスの目や電池の絵」などがある。

ここに、エジプトでの奴隷状態から脱出したユダヤ=後のユダヤ部族連合の一部族による「姿なき者との異様な会話」の記載が旧約聖書にある。この神のようなやる気のない滅茶苦茶な者は何者だろうか?ユダヤの研究者は「なぜ我々の祖先がこのような文書を残したか分からない」と述べる記述である。

また、最新の考古学の研究で、紀元前40-50年頃にエジプトで大きな自然災害があったことが判明している。

これらを関連付けて、旧約聖書における「神」とはなにかを考えよ。

更に、神の内側の対抗(反逆)であるサタンが、信者より神に近い力を行使していた理由を、2000年以上の゛神゛のマインドコントロールから抜けて、改めて自らをとらえ直せ

最後に、ノアの大洪水を絡めて、人類絶滅からの、この数千年をとらえ直すこと

誰がなにをしたかったのか?

また今後どのようにあるべきか?

考える必要がある