πνευμα (プラーナ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

1996年から、20数年に及ぶ殺人人体実験者と公安(2018/08/30消された文章)

最新の人体実験 1.アルミ帽を被っていても、身体から脳に侵食し、小脳をコンピューター的に囲いハック。 本質的に対処できない素材や加工物には、それを体に近づけるだけで身体違和感または経絡繋ぎをしてくる 身体(膝、肘、足首内側付近)、特に「膝に特殊な設定を施し、そこから全身に影響を及ぼす」とこぼす。一種全体に軽い麻痺を起こす。 その状態で大脳から、本人に質問しなくとも、本人の恒常的意識にない情報を奪う 彼らは、オーストラリアのせいにしたが、日本、特にストーリー夢を専門に見させる組織が絡んだ状態で実行に及んだ。 ヨーロッパの連中は不都合があるとすぐ逃げると述べていた 恐らくアメリカ系コンピューター技術のもと、医療系NWOマッドが絡んだ状態で、公安または警視庁が呼び出されたと推測される。「このような技術を使ってなにに応用できるか?」など医療系マッドが犯行後話し合っていた。また「津田沼の警察につたえましょうかね」と土地勘のないことを言っていた(ここを後から追加したら、「構うな」とイワモトツトムのダミー声。これを使うのは公安関係が主) 2.先日、津田沼中央総合病院に、朝あばらを折られたので行ってきた。待合室にいると医療系ニューロフォン連中が焦り、ニューロフォン(テレパシー)を使用した年配男性医療の人物が、形成外科の坂なつみ先生に「どのように喋るかニューロフォンで焦って指導」し(橋浦満広のその時のニューロフォン担当の背後から音声が聞こえてくる)、同時に「橋浦満広の頭部に複雑に設定した電気線を解除し頭部の歪みを中途半端に解除した」。その状態診察開始した坂なつみは、レントゲン診断のみ行い、「レントゲンにはなにも写らない」痛みを訴えると後から軟骨部の折れを指摘。ひどい痛みがありあばら骨が歪んでいるにも関わらず、「なんら処置をしなかった」。あばらは横隔膜など含め繋がっている臓器でもあり、レントゲンに骨しか写らないなら内科などに誘導すべきだったが、一切取り合わず、「病的なものは見当たらない」の一言だった。また、痛み止めの薬も「いりますか?」と投げ捨てるように言葉を吐いて終わらせた。終端部から伸ばすCa2+に関しては一切取り合わなかった。 同時に、同病院で右目の診療にも行ったが、突然(電磁波と思われる)外的疾患から大量の飛蚊症になったにのだが「病的なものは見当たらない」から答えがはじまった。外的疾患なので病的ではないだろう。こちらは次回目に写るものが増えたら来てくださいと、二回目以降でないとわからないという言葉が添えられた。 その夜BMI医療または研究者系が夜にあばらを歪めて治してなにもなかったかのような完全犯罪を行なった。 橋浦満広のあばら骨下は、前に反っているのが通常で、その反りを内側に歪め、骨折した就寝中に終端部にCa2+を集め、あばら下部と腰骨を偽骨で繋げ、起床時に伸びまたは不用意に起きるとあばらが折れる設定に骨が折れた日にしていた模様。その後も別人物が何度か同じことをしてきた。これは腰とあばらの間に、除電または絶縁を巻けば対処できる。 救急が入るような若い医者がいる総合病院は、ニューロフォンマッド医療と繋がりがあるので行くべきではない。当然大学病院はNG。特に採血、注射、インプラントは避けるべき。なにも思わず注入する医療従事者がいるからだ。橋浦満広は2015年1月船橋の献血ルームで、男性医療従事者二人に目配せの上それをやられ、声の仕事なのに一週間声が出せなくなったことがあった 既に医療 警察は信頼に値せず、水道水も前倒しで水になにか入れられていると噂で何度も仄めかされている。 以上

音メモ 画像メモ ブックマーク 書籍 対策 用語集

再掲載:☆☆☆これまでの真実 「私達は真実の中で一つになり、世界を変えることができる!」

☆☆☆これまでの真実 「私達は真実の中で一つになり、世界を変えることができる!」

編集

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Tim_Rifat.htm
「Mind Control / Real Modern Horror 英国の警察及び軍によるマイクロ波の秘密利用」より引用


ティム・リファット
...イヴァン・フレーザー ivanfraserアットマークcableinet.co.uk

遠隔マインド・コントロール・テクノロジー(RMCT)の歴史はアメリカにおいてロス・アディー博士及び彼の同僚による60年代後期の研究、CIAに資金供給されたパンドラ・プロジェクトから始まった。


...人間の犠牲者の研究は極秘扱いに止められる

 

主要な問題はELF送信巨大なアンテナ群を要することだった。
...マイクロ波と擬似ELFは通常のELFよりマインド・コントロールに関して
効果的である。マインド・コントロールの手段、RMCTは擬似ELF-ELF周波のマイクロ波振幅変調またはパルス変調、UHFもしくはRF-を使って犠牲者をゆっくり殺害するそれは犠牲者をマインド・コントロールし、電子的化学的にゾンビ化し、またはガンを誘発する疑似ELFのドラマティックな効果に基礎を置く完全な兵器システムになった。またELFまたは疑似ELFはDNAを傷つけるか、またはダメージを与えられることが発見された。それはパルスまたは振幅変調されたマイクロ波、UHFまたはRFの発癌性の効果を部分的に説明付ける。

 

英国においてマイクロ波は300メガヘルツから300ギガヘルツ、または米国では1ギガヘルツ以上と定義されている。

ロス・アディーの研究は擬似ELFを送信するために450MHzのパルス変調または振幅変調された搬送波を使って行われた。彼の同僚は147MHz(この周波数はUHFとして定義される。米国ではVHFとして定義されている)で同じ研究を実施した。
...

特定の例を挙げるなら英国の警察とエマージェンシー・サービスの通信の為に用いられている新しいTETRAシステムは380MHzと400MHzの間を使用している。
それは17.6Hz(1秒につき17.6回)の疑似ELFのパルス率でオン/オフする。
これは脳と神経系が(米国の概念における)UHFのパルス、(英国の概念における)マイクロ波パルスによって1秒につき17.6回打たれることを意味している。
...私達のうちのある者は聞くといらいらさせられるハンマー・ドリルを発見した。
...細胞はELFレンジで互いに情報をやり取りするので、疑似ELFのハンマーのような打撃は細胞の活動を途絶させ、かき乱し機能を停止させ、活動を変化させ、生命体に腫瘍を発達させる発癌性タンパク質をつくり出す

 

英国のマス・マインド・コントロール・テクノロジーは今や現実化している

 

英国政府は現在、CIAのマインド-コントロール・テクノロジーを全国的に配備するべく250万ポンドを費やしている。17.6Hzのパルスを放ち、400MHzでプロードキャストされるテトラ・システムは本質的に60年代後期と70年代初期、CIAに資金助成されたパンドラ・プロジェクトである。


パンドラ計画のチーフ・リサーチャーのロス・アディー博士は英国の研究者達をリードする一本のビデオを発表した。それはテトラ・システム大脳皮質と神経系の中のカルシウム・イオンを大量に放出させることによってELFゾンビフィケーションを引き起こすこと、それから励起されたカルシウム・イオンが甚大なホルモン障害を引き起こし感情と身体の状態を狂わせることを明らかにしている。
...
英国の一般市民に対する効果-マス・マインド・コントロールの効果を最大限にするべく、30,000台の送信機が国中に配備されることになるだろう。...
世帯主はより多くの保険料を要求されることになることを知らせる手紙を受け取っている。

英国のトップの新聞はこのストーリーを公表しようと試みたが、政府によるハイレベルの干渉によってそのネタは無効にされた。


殺人とマインド・コントロール-英国軍によるマイクロ波の秘密裏の行使


...
1. アリエル・シャロンによるパレスチナ人に対する次の虐殺的な戦闘をサポートするため、そしてその地域を不毛の地に変えたイスラエルの後に所謂、平和維持軍としてレバノンを占領するためのNATOによる大規模な予備工作極端に富裕なユダヤ人ファミリーフェデラル・リザーブイングランド銀行、そして所謂、自由世界の中で取引を行っている多国籍企業の大部分を通して西欧を支配しているからこの状況は現実化し得る。

 

2. ...失敗に終わったチェチェンの反乱はアメリカとイギリスによって準備された。
英国はキプロス戦争を起こすべくこういった送信機をギリシャキプロス人を暴力に駆り立てるようマインド・コントロールする為に建造している。それには11.3Hzの周波数が使用され振幅変調またはパルス変調されてマイクロ波送信機によって放射される。その周波数はキプロス人の中に制御不能な怒りを生じさせる
英国とNATOは...キプロス島を支配し、イスラエルを援助するために...キプロスで戦争が生じてくることを望んでいる。

 

...英国政府はCIAによるパンドラ計画の研究成果を用いて全英国人のマインド・コントロールを行っている。...それ以前に英国軍は北アイルランド内で殺人とマインド・コントロールを行う為にマイクロ波を長期間に渡って使用してきた。1977年、CIAはマーガレット・サッチャーとコンタクトを取り、彼女に全ての詳細、ガン、パラノイア(4.5Hz)、うつ病(6.66Hz)、狂気じみた激怒(11.3Hz)を誘発する超低周波の情報を与えた-英国軍がカトリック信者の住む地域に強力なマイクロ波を放射しているという情報に対する対応策をもたらすために。...

 

奇妙なガンはカトリック信者の中に多く見出される。現在、カトリック信者の死因の大部分はガンである。基地の周辺に住むカトリック教徒のほとんどはガンで死にかけている。この件はサンデー・ミラー誌、98年12月7日号のアマンダ・ドハティーによる「恐怖の中の生活、ストリートに広まるガン」という記事の中で報道された。

イギリス国内のアメリカ空軍基地、グリーンハム・コモンの平和主義者達にマイクロ波が照射されていることはよく知られている英国軍による北アイルランドの全カトリック・コミュニティに対して犯された殺人とマインド・コントロールはほとんど知られていないTETRAシステムは英国の警察と国民をマイクロ波と超低周波によってゾンビ化しようとしている。...

 

もし英国がこういったマイクロ波を使ったマインド・コントロール送信機の建造に成功したとしたら、それはギリシアとトルコの間にあるキプロス島における戦闘が予想され、それを鎮圧するためのNATO軍の配備が予期される。そしてこの次の中東戦争では西ヨーロッパによる大規模なイスラエル支援が行われるだろう。


Update: 英国軍によるELF変調されたマイクロ波とRFの秘密裏の行使

...マインド・コントロールとホルモンの効果を研究するためにCIAによって資金供給されたロス・アディ博士はパルス変調及び振幅変調されたマイクロ波とRF(ラジオ周波数)を使用した。ロス・アディは450Hzで実験した。英国において400Hzから450Hzはマイクロ波である。彼の同僚のブラックモア博士は150MHz周辺のRF周波数で実験した。パルス変調または振幅変調された多様なラジオ周波数もしくはマイクロ波送信機が英国軍と秘密警察によって開発された。それはターゲットにフォーカスする
ELFはターゲットをマインド・コントロールするか殺害するバイオアクティブ効果を持つ。

 

英国軍/シークレット・ポリス(MI5)のスパイは振幅変調またはパルス変調された搬送波-搬送波がRFかマイクロ波レンジにあるとしても-によって犠牲者にELF周波数を生じさせる

 

英国がギリシアキプロスに彼らの21世紀版HAARPを建造する

英国軍は米国の大規模破壊用のマインド・コントロール/気象コントロール兵器、HAARPの非常にコストのかかる極端に洗練されたバージョンを建造している。
ギリシアキプロスにある大規模な軍の基地には8MHzから16MHzのラジオ周波数のパルスを放つべく200メートルのアンテナが建造され、...。...レーダーとしての用途の他にRFのパルス変調は周囲の国家をマインド・コントロールするためにELF周波数で変調されている。英国はそれがイランとイラクをターゲティングしていると主張している。


...英国のバージョンは-HAARPのように-数100万ワットの8MHzの送信物を
電離層に反射させ、気象を制御し、通信網を破壊し、ELFによる行動の変化神経学的な変化身体的なトラウマを引き起こし全ての人を激しく混乱させる

英国のコンピューターは16MHzまで周波数を変えることができ、電離層バック・スキャッター・モードで作動し、バグダッドテヘランダマスカスその他をターゲティングするべくメガワットRFのビームをつくり出す。16MHzのモードでは都市の住民は文字通りの意味で外傷を与えられるかまたは行動を混乱させられ、街は居住に適さない場所に変わる。

 

この機能以外で16MHzのビームは対流圏に反射する-それは電離層より非常に低い位置にあり気圧の反転を引き起こす。それは空中で航空機をノックダウンさせることができる。

 

南キプロスのことを考慮すれば、この英国のスーパーHAARPはトルコ、ロシア、レバノン、シリア、イラン、イラクアフガニスタンおよびその他の周辺地域を攻撃できると考えられる。英国軍によるその配備は彼らを軍事超大国としてのアメリカと同等する北アイルランドにおけるマイクロ波ジェノサイドの記録、ロス・アディー博士によるTETRAタイプのCIAの研究を考慮すれば、英国のスーパーHAARPのターゲットは英国軍によって殺人とマインド・コントロールがメガワットの強度で英国の警察と一般人をマインド・コントロールするべく彼らにビームされたとしても驚くべきでない。

 

マイクロ波マインド・コントロールに纏わるティム・リファットのほかの記事は
www.truthcampaign.co.uk を参照。
...
この周波数の詳細に関しては下記のリンクをチェックせよ:
http://www.em-hazard-therapy.com/sample.htm
http://www.polfed.org/magazine/03_2001/03_2001_gaga.htm
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/0360448734400.html
上記URLからの引用は下記:

その恐ろしいところはこのシステムが確立された時テトラに設定された17.6Hzという稼動周波数である。これはそれが1秒につき17.6回生じるパルスを放射することを意味している。


それは脳の深みに浸透し、細胞間コミュニケーションを破壊する、一部の科学者達が考えているひとつの水準である。...

 

 

 


イヴァン・フレーザー、トゥルース・キャンペーンの編集者/創始者


私達は真実の中で一つになり、世界を変えることができる!


www.truthcampaign.co.uk
text from:http://www.rense.com/general11/mm.htm
(引用終わり)