規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

記事転載:遠隔的神経監視(RNM=リモート・ニューラル・モニタリング=人間の脳の生体電気情報の遠隔監視)

NSAのEMF設備はパーソナルコンピュータの回路基盤のRF輻射に同調することができる。(モニターと電源装置からのノイズ輻射を除外しながら)。PC回路基盤からのRF輻射はPCのデジタル情報を含んでいる。NSAの機器からの暗号化されたRF波はPC回路と同調することができPC内のデータ変更が可能だ。このようにNSAは監視か反テロリスト電子戦争のために国内のコンピュータへのワイヤレスモデムの侵入口を得ることができる。
NSA職員はシグナル・インテリジェンスEMF走査ネットワーク上で国内の個人をダイヤル呼び出しすることができ、NSAコンピュータがピンポイントで特定して監視対象を1日24時間追跡する。NSAはアメリカの誰でも選び出して追跡できる。
https://denjihajapan.wordpress.com/page/4/

https://denjihajapan.wordpress.com/page/3/
https://ameblo.jp/244tuyo3/entry-12164009297.html
https://ameblo.jp/244tuyo3/theme-10096898396.html

http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/r-740c.html
RNMは脳の聴覚皮質へ符号化したシグナルを送ることができる。したがって音声は脳に(耳を迂回して)直接通信できる。NSA要員が妄想型精神分裂病統合失調症)の特徴的な幻聴をシミュレートすることで被験者をひそかに弱体化させるためにこれを使用する。対象との接触なしに遠隔的神経監視(RNM)は対象の視覚野からの電気的活動をマッピングすることができビデオモニターで対象の脳からの画像を見ることができる。NSA工作員は監視対象の目が何を見ているかを見ることができる。視覚記憶も見ることができる。RNMは目と視覚神経をバイパスして視覚野に直接画像を送ることができる。NSA工作員が脳プログラミングの目的でレム睡眠の間に監視対象の脳にこっそり画像を打ち込むことができる。

NSA職員
NSAシギント(シグナル・インテリジェンス)は遠隔で身元の識別を検出でき人の生態電場を監視する。NSAのシグナル・インテリジェンスは脳からの30-50Hz 5ミリワットの電磁輻射の誘発電位のデジタル復調で非侵襲的に人間の脳の情報を監視する秘密事業の遠隔操作能力を持っている。脳の神経活動は磁束シフトを有する電気パターンのシフトを作り出す。この磁束は30-50Hz 5ミリワット電磁波(EMF)を一定に出力する。「誘発電位」と呼ばれる脳からのパターンは電磁輻射に含まれる。脳で考えることのすべて・反応・運動指令・聴覚現象・視覚画像は対応する「誘発電位」または「誘発電位」のネットを持っている。脳からの電磁排出は被験者の脳の現在の考え・画像・音を復調することができる。NSAシギントはインテリジェンス要員へ情報(神経システムのメッセージだけでなく)を送信する通信システムとしてまたもちろん非知覚レベルで工作の対象者の脳へ送信するために電磁場送信脳刺激を使う。電磁場脳刺激は脳の誘発電位のトリガとなる完全にコード化・パルス化された電磁信号で動作する。それによって脳の神経回路の中で音と視覚イメージを形成する。電磁場脳刺激で人の脳の状態を変えることができ運動制御に影響を与える。聴覚皮質への音の送信(耳をバイパスした)と視覚皮質へのかすかな画像の送信(視覚神経と目をバイパスした)の間、遠隔神経視聴覚情報の監視による双方向電子脳リンクが行われる。画像は脳のフローティング2D画像として表示される。双方向電子頭脳リンクはCIA/NSA職員にとって究極の通信システムとなっている。遠隔的神経監視(RNM=リモート・ニューラル・モニタリング=人間の脳の生体電気情報の遠隔監視)は究極の監視システムとなった。それはアメリカのインテリジェンス・コミュニティー内のエージェントの限られたメンバーで使用されている。RNMはそれぞれの特定脳領域の共振周波数のデコーディング(復調)が必要である。その周波数は脳の特定領域の情報を乗せるために復調される。さまざまな脳領域の応答周波数は3Hzから50Hzに変化する。NSAシグナル・インテリジェンスだけがこの周波数帯で信号を変調する。

電磁脳刺激の例

[脳のエリア][生体共振周波数][同調を通した誘発される情報]

運動制御野  10HZ 運動インパルスの調整

聴覚野    15HZ 耳を迂回した音  

視覚野    25HZ 目を迂回した映像

体性感覚野  9HZ   幻の蝕感

思考中心   20HZ      潜在意識の挿入

変調を含む情報

運動インパルスの整合
耳を迂回した音
目を迂回した映像
現実はにない触感
潜在意識の挿入

この変調された情報は強度を変化させて脳に入れることができる。

 

それぞれの人は生体電気共振/引き込み周波数の固有のセットを持つ。それぞれの人の聴覚皮質の周波数でそれぞれの人に聴覚情報を送ることは、他人に認知されない聴覚情報となる。

原告は双方向RNMがフォート・ミードのNSAのキネカムグループと交信することを知った。彼らは、90年10月から91年5月まで原告を疲弊させるために脳にRNM 3D立体音響を使用した。91年5月、原告と双方向RNM通信を持ち、原告を無力化する企てにRNMを使い、12年間の原告に対する彼らの活動について当局へ行く原告を妨害した。キネカムグループはフォート・ミードで1日に24時間働く100人の人員を持つ。彼らは脳盗聴の人員を持ち孤立した原告と交信する。RNMで民間人が苦しめられ、NSA職員のこの諜報作戦手段の不正使用(悪用・乱用)に対して訴訟を起こすことができたのは、これが初めてである。

 

https://www.youtube.com/watch?v=HDks_cLjCss