規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

自分のためでなければ、その自らのエネルギー値、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

頭部には、細いゼロ磁場エネルギーを衛星から照射している。

身体への影響は分からないが、不快感を与えられると連中は述べた。脳操作できるものではない。操作しているとすれば、身体別箇所からの電流柄みである

本日あったのは、近場にいる人にも衛星から脳へエネルギーを送り、誤認・操作しようとした可能性があること。はっきりいって、周りのなにかに写り込むのは全て偽物と思ってよい。

また前頭葉の電流を切り返してくる頻度が増えた。気がつかない人が多いらしい。

いずれにしても、防御するのではなく、自ら何らか発する、運動を与えてフィールドを変えることが大事。自分で発さず受けようとする姿勢がいけない

衛星連中は、攻撃はしているが、以前より封じられている。人が多く出ばっているのがその証拠。より簡単な脳直接操作が難しくなっているから、生体電流にシフトしているのであり、それに気がつかれないために多段階に騙しをはっているに過ぎない。

衛星からゼロ磁場エネルギーを飛ばしても、貫通するだけで脳操作はできない。

いずれにしても、初日から、頭部に置くチタン粒などのランダムは、静止解析ではなく、動体解析で解明可能であり、私が言いたかったのは、物事の考え方である。それはブログでも伝えた。ドライペットを頭に当てて防ごうとした人もいたようなので、あくまで電磁波であり、その身体反応である。

外部からの電気は身体表面を流れる。電気とともに生じるのが磁場で、磁力は物質を貫通する。通常、磁界は、身体に悪影響を与える。磁場エネルギーを同質にぶつけて相殺し、磁場がゼロになった状態でエネルギーのみになったものをゼロ磁場という。ゼロ磁場は、地球の割れ目などパワースポットによく生じる。パワースポットは、通常身体を回復させる力があるととらえられている。水が入ったコップの下にゼロ磁場カードを置けば分かるように、そのエネルギーで物質を微細小化、運動エネルギーを与えた状態になっていると推測される。血液内のソマチット含め、人体内の淀みを初期化すると考えてみてもいいかもしれない。詳しくは自ら調べてください。連中は、当て付けで、ゼロ磁場エネルギーを「放射能」と呼んでいるだけで、あるレベル以下は、他に方法がないので、誤認させ嫌がらせをしているだけと思われる。

詳しい騙し連中は、頭部前部角度45度辺りのツボに衛星からエネルギー照射し、心臓に電流を繋げようと画策したりする。しかし、身体を引っ張るなど物理影響を与えれば、それを遮断することが可能。電気エネルギーなので様々な手段で遮断可能。ピンポイントで胸オーラを狙ってくるなら、そこにテクノAO置いてもいいし、∞の動きをしても、そこで手のひらあわせるだけでも解除できる。また生体電流を、なんでもいいから自分で高めても打ち消せる