規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

頭部への電磁波などを止めても、なぜ脳内の思考が相手に奪われてしまうのか

脳は微弱な電気や磁場で機能していることは、このブログをご覧になっている皆さんには、先刻ご承知のことだと思います。

しかし色々電磁波などを止めても、なぜ脳内の思考が相手に奪われてしまうのか不思議に思ったことはありませんか?遠隔からのコンピューターによる脳管理は、きちんとやれば防ぐことができるのにです。

実は、皆さんが思考したりしたことは、脳から出て、身体周辺に溢れ出ているそうです。なのでそれにアクセスされて、思考をやり取りされてしまっているんですね。

この状態であれば、BMI者の個人コンピューターで会話形成するだけで、脳コントロールされることはありませんので、比較的安心かと思います。

また頭部への電磁波を遮断しても、首から通信をしてくる場合もあります。その場合は首を鉛などで遮断すればいいでしょう。薄いものでも遮断できますよ