iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





言葉を読み解く「イスラエル」

「イスラエル」という名前は「神と戦うもの」という意味 : もっとちゃんと知りたい!美しい絵画でおさらい【旧約聖書】 - NAVER まとめ

 

◆ 「イスラ(=戦う)」「エル(=神)」 - 愚者の侃々諤々 (´▽`)ノ

 

聖書によると、「イスラエル」とは、「神と戦う」という意味があ... - Yahoo!知恵袋

 

「イスラエルישראל=神と戦う者」 | ☆創世記の新解釈☆ シュメール・ギリシャ神話による考察

上記踏まえ、橋浦満広の解釈では、旧約聖書は約千年間にわたる伝承などの集積体であり、もともとユダヤ教一神教ではなく多神教であり、そこから部族神崇拝に変化し、現代のような一神教に変化していった宗教である。社会的血縁的には母系制社会であり、現代ではユダヤ教に改宗した者をユダヤと呼んでいるように変化した。また各地に分散して住んでいることが特徴でもある。その宗教が自らの国家を「イスラエル」と呼んでいる。一説では、ヤコブが暗闇の中で神(?)と戦った神から「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」と言われたからその名をつけたという説がある。しかし、ご存知のように、その言語的に古代ヘブライ語は他解釈・裏の意味・本当の意味が付随しており、もし現代に生きる宗教者が「イスラ(=戦う)」「エル(=神)」 として、「神と戦う者=サタン=ルシファー」として自らを解釈している者がいるのであれば、それは自分たちに都合よく解釈したものだとしか言いようがない。先祖が泣く。そもそも旧約聖書は、一神教でさえなく、部族の知恵・経験などを集積した古代の直感的な書物=それは後世に残すべき祖先の厳選した知性の賜物だと思われるからだ。どこで勘違いしたのか聞きたい。それともあなたたちは、自らをルル(アダム=土から作られたもの、またはシュメール時代に遺伝子操作されたサル)だとでも勘違いし、それと関係がありそうな日本(スメル=ユダヤの末裔)やイラン(シュメール=メソポタミアエリア)を神との戦闘と勘違いして第三次世界大戦でも起こそうと勘違いしたのか?であるならば、あなたがたは文字記録を読めていないことになる。理解できない文字は読んではいけない。自らを映しこむだけだからだ。囚われからすべて抜け出し、導かれてみればいい。導くものそれは神ではない。自分自身だ。その複合的意味にもうすぐ気が付ける。

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?