自分とは何か?-無限の認識 発動中-

-自分の光の中に 自分より大切な 誰か・なにか・イメージ をおいた 無限創造の世界-

規則的な時間がなく カタチを変え 互いの位相を交換する フラクタル構造体

Not 「イスラ(=戦う)」「エル(=神)」 。True meaning is …

上記踏まえ、橋浦満広の解釈では、旧約聖書は約千年間にわたる伝承などの集積体であり、もともとユダヤ教一神教ではなく多神教であり、そこから部族神崇拝に変化し、現代のような一神教に変化していった宗教である。社会的血縁的には母系制社会であり、現代ではユダヤ教に改宗した者をユダヤと呼んでいるように変化した。また各地に分散して住んでいることが特徴でもある。その宗教が自らの国家を「イスラエル」と呼んでいる。一説では、ヤコブが暗闇の中で神(?)と戦った神から「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」と言われたからその名をつけたという説がある。しかし、ご存知のように、その言語的に古代ヘブライ語は他解釈・裏の意味・本当の意味が付随しており、もし現代に生きる宗教者が「イスラ(=戦う)」「エル(=神)」 として、「神と戦う者=サタン=ルシファー」として自らを解釈している者がいるのであれば、それは自分たちに都合よく解釈したものだとしか言いようがない。先祖が泣く。そもそも旧約聖書は、一神教でさえなく、部族の知恵・経験などを集積した古代の直感的な書物=それは後世に残すべき祖先の厳選した知性の賜物だと思われるからだ。どこで勘違いしたのか聞きたい。それともあなたたちは、自らをルル(アダム=土から作られたもの、またはシュメール時代に遺伝子操作されたサル)だとでも勘違いし、それと関係がありそうな日本(スメル=ユダヤの末裔)やイラン(シュメール=メソポタミアエリア)を神との戦闘と勘違いして第三次世界大戦でも起こそうと勘違いしたのか?であるならば、あなたがたは文字記録を読めていないことになる。理解できない文字は読んではいけない。自らを映しこむだけだからだ。囚われからすべて抜け出し、導かれてみればいい。導くものそれは神ではない。自分自身だ。その複合的意味にもうすぐ気が付ける。