規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

自分のためでなければ、その自らのエネルギー値、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

対 ~つけあわせ~(14:35更新)

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

 

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

 

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-343.html

 

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

 

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

 

http://transhumanist.jp/協会概要

 

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

 

http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-37.html


コンピューターは理不尽な「単語判断」ばかりしているわけだし
寝る時に、何も見ずに、起電力を発しないナニカ(起電力発するものおいてもいいけど連中の速度や強度がアップするよ)をそのへんに散らかしておけば、毎回最終保存したいあなた向けの「(遠隔による身体デフォルト設定)イメージ」の再合わせをする際の「最終獲得したい最短合理」を獲得されにくくなるわけ。

風呂に入る際に全部はずしちゃいけないわけ。

もし外してしまっていたら、「生体は変化する」ことを思い出せばいいわけ。植物触るだけでも変わるわけ。それについては解析しづらいわけ。動体に関しても苦手なわけ。

本日、ゲルマニウム(30数度で自由電子放出する)の温泉の元を風呂に入れるたりすると、あなたの体質は一回変わります。それまでの間に、ごちゃごちゃいろいろしておけばいいわけ。

 

毎回変化する音、鈴でも何十個も持って鳴らしたりするのもいいわけ。自分で色々音を鳴らすだけで、部屋の周波数も環境の周波数も一定にならず変わりうるわけ。周波数に関して理解があるお店は、お店の中がやたら柔らかいわけ。そういうところには無線LANなんか決して置かないわけ。いろいろな薬局でも行ってみればいいわけ。そうすれば小さなところでも人が集まる・再リピートする可能性があるわけ。そういうお店から出ると、外の周波数が異常に感じるわけ。
周波数か、衛星からの電磁波(電流)か、それらを利用して身体ツボ(数は限られる)または関節または骨の丸いところを通したりなぞったり押して来たりするわけ、頭蓋骨接点を開き、脳へアクセスし、身体を触っている感覚を味あわせる、または周波数同調させて連中の手で触っている感覚を現出させるかのどちらかなわけ。細かい対処は自分で探してください。肩を外して肩甲骨内側のツボをおしたり、頭部に電磁波を通し、前頭葉、耳斜め下ツボ、耳から首筋横の血管をなぞり、肩、肩甲骨内側のツボを通り、腹筋、腰のツボを電流で刺激して操作しようとする合理性で考えてきたりするわけ。考え方を知ってください。また、自分の思い込みを外してください。最終的には周波数同調させ、BMI人形と同調させ、人形へのアナログ的万力、または肩などの特定のツボを利用して頭部後ろ側に隆起を作ったりします。そこを寝ている時に突起をなぞって、頭蓋骨を開きます。膝などから開く場合も同じ論理です。

 

知っても、他人にやらず本人が自らやる方法論しか取れないように複数の方法論からそれを選択したりするわけ。いいわけするために

 

そうすると、頭に響く声も、本人が思考に至る前段階の脳状態で、コンピューターに仕込んでおいた言葉群をターゲット本人に再送信し、本人が特定の脳状態を再現させたから、「言ったのはこいつだ」なんてやるわけ。こんなものを仲介したすべて(つまりあなたにとってのブラックボックス)を信じる必要はないわけ。あなたが理解できないのだから。それであるならば、すべて無視すればいいわけ。意味をなくせばいいわけ。それができるかどうかは、あなた自身次第であり、そして無視や意味をなくす次元にいても意味はないわけ。あなたが内側にいては難しいわけ。全てはフラクタル倍音構造なのだから。そして自分自身を先に置いて思考したり、身を守るを選ぶ限りは、もうすでにあなたは箱の中なわけ。そんなブラックボックスな人を誰も信じたりしないわけ。延々と終わることのない昇華になるのに、あなたはいつまでも自分を先に置くわけ。自分で出せない時点で、内側なわけ。なぞってもしょうがないわけ。あなたは無意識にそうできるあなたである必要があるわけ。いつまでも意識していてはいけないわけ。それは普段からのあなたの行いにかかっているわけ。わかった?