規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

自分のためでなければ、その自らのエネルギー値、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

骨 すべては電磁波がらみで考える

 


眼鏡(酸化チタンでマルチコーティング)されているものを、装着してから激しく、頭蓋骨再設計をされるようになった。

その前提として腰骨→背骨→首→頭蓋骨(腰や背を省略してくる場合もある)への主にわっか上昇のような振動による、(おそらく)骨内部の海綿骨を頭蓋骨や首に送り込まれる。目的はV2Kなどの電磁波受信のアンテナとするためである。

眼鏡をはずせば、その強度および速度は遅くなる。つまり強誘電体であるチタンが電磁波を引き寄せ、その身体周囲の電磁力=遠隔からの操作を効率化させていると推察される。つまり電磁力が強いほど、進行は早くなる。また床振動や環境中の振動にハーモナイズ(周波数同調)して、あたかも触られているかのような感覚を脳に送信してくることがある。しかし、振動は振動であり、二点で挟めば、そのポイントの振動は止められることに変わりはない。

また、衛星から脳へ指向性電磁波を送られ、脳からの電気的な反射をソナー的反射で衛星にフィードバックされ、送受信を可能にされている。電磁波は光の速さである。その中間に置かれる機器、並びに脳から身体外部への電気信号の物理的距離で、脳で感覚するの基本的体感速度限界が決定される。ゆえに近距離にある頭蓋骨をアンテナとしたいのである。頭蓋骨には個別性もある。
ここで考えるべきは、脳からソナー反射される脳電気信号だ。ここは電気であることには変わりない。ゆえにゴムで囲むことは性質的に有効な対処方法となる。実際、脳頭頂部をゴムで覆うことで、通称タケコプター=脳電気信号ソナー反射を防御できることは実証済みであり、情報を取られたくない人は、まず頭をゴムで囲むとよいだろう。一度試してみてはいかがだろうか?先日おすすめした、耐震用のゴムででも・・・(床振動を止められることは、別手法で対策されても、効果があることには変わりがないので、そういうものは売らずに保持するべきである)


電磁波による骨のゆがみが急増中
https://diamond.jp/articles/-/7614

骨はカルシウムを使って電磁波を情報伝達する。シグナル分子もメッセージ物質も全て「波長」
http://media.primaveratokyo.net/gp-health-of-truth-7/

平成18年度 総務省作成による「電波ばく露による生物学的影響に関する評価試験及び調査 平成17年度研究報告書」
http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/ele/body/report/pdf/16.pdf
→国は事前に電磁波の長期暴露による被害を認識した上で、欧米日による電磁波による「恐怖送信」を行っているのである。