規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

記事転載:良記事です。ちなみに連中は、ニューロフォンネットワークを「インターネット」と日常的に呼んでいましたよ。彼らのオペレーティングシステムを「インターフェース」と普遍用語で置き換えるように

 
 
NHKが日本の秘密諜報組織「DFS」を暴露!内閣情報調査室が日本のネット監視を推進!「官邸のアイヒマン」こと北村滋情報官が2012年9月にNSAを極秘訪問! 
https://yuruneto.com/nhk-dfs/
 
どんなにゅーす?
 
・2018年5月19日に放送された「NHKスペシャル」で、NSA国家安全保障局)の機密文書を入手したことに伴い、これまで明かされてこなかった日本の諜報機関DFS防衛省情報本部電波部)」を暴露。
 
米の秘密情報機関NSAの「下部組織」として、国内外の通信情報を傍受し、NSAに提供してきた実態を紹介した。
 
・番組では、内閣情報調査室がネット監視技術を推進している実態も明かし、ネット諜報について話し合うために北村滋内閣情報官が2012年9月10日にNSAを秘密裏に訪問していたことも紹介。
 
これについて、番組が内調に回答を求めたものの、「出所不明の文書」であることを理由に、コメントを差し控えるとの回答があったことが紹介された。

日本の諜報
スクープ 最高機密ファイル

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180519
 
 
 
 
内閣情報調査室の北村滋情報官が、米NSAと連携しながらネット監視を推進している実態を紹介!
 
 
 
 

 

 

NHKさんが久々に凄いスクープ番組を放送してくれたわ。

今まで秘密のベールに包まれてきた、日本の秘密諜報組織「DFS防衛省情報本部電波部)」の存在を明かした上に、内閣調査室の北村滋情報官が日本のネット監視技術を推進、
https://yuruneto.com/kinzaisyokuin-isyo/

2012年の9月にNSAを秘密裏に訪問していたことも明らかにされたわ。

(ちなみに、この一連の件について、共産党の宮本徹衆議院議員が2017年5月17日に国会で質問していたことが分かったわ。)
http://open.mixi.jp/user/38378433/diary/1961050019
 
 
 
 
 
ああ、現在もロシアに身を潜めているNSAのスノーデン氏が取材に応じたのも驚いたし、久々に思わず見入ってしまうような渾身のドキュメンタリー作品だったね。
 
初めて大々的にメディアで紹介されたDFSは、アメリカの諜報機関が主導して設立された組織で、NSAの「下部組織」として日本国内やアジアの通信を傍受し、そのほとんど全てをNSAに提供している一方で、NSAからは選別された限定的な情報のみを受け取っており実質的にNSAに完全にコントロールされた機関のようだね。
 
 
 
番組では、(以前に当サイトでも紹介した)NSAが開発したネット監視システム「エックスキースコア」の存在も改めて明かされた上で、
https://yuruneto.com/snowden-japan/

日本の内閣情報調査室(内調)国内のネット監視の技術革新に力を入れている実態が明らかにされた。
 
内調の北村滋情報官といえば、前川前文科次官のでっち上げスクープを読売に報じさせたり、
https://yuruneto.com/abe-maekawa/
 
伊藤詩織さんに対するセカンドレイプを促す資料をネットに流すなど、
https://yuruneto.com/naikakutyousa/
 
安倍政権にとって目障りな人間を陥れるべく、様々な裏工作を展開してきたことで知られる他、
 
詩織さんをレイプした山口敬之氏がレイプ揉み消しの実態を週刊新潮が報じることを知り、
https://yuruneto.com/yamaguti-sintyouhou/
 
慌てて対策を相談した相手としても知られている。
https://yuruneto.com/yamaguti-kitamura/
 
こうした連中が、日本の全国民のあらゆる情報を傍受し、自在に盗み見る技術をすでに手に入れ、運用している可能性が非常に高い以上、これは一般の国民にとっては非常に大きな脅威だといえるだろう。
 
 

表向きには「国家・国民の安全を脅かすテロ分子を見つけ、排除するため」と主張しているものの、その実態は…
 
米英(イスラエル)の諜報機関のネット監視技術が飛躍的に向上していったのは、9.11の米同時多発テロからと言われているけど、こうしたネット監視を強化させている理由として、彼らは「国家・国民の安全を脅かすテロ分子をいち早く見つけ、排除するため」と主張しているわ。
 
 

果たして、その言葉を額面通り受け取っていいのかしら?

アメリカもイギリスも、そしてこれらの属国である日本も、全てはその背後に無国籍の資本勢力(国際銀行家・軍産複合体)のグローバリストが控えており、これらの各国に存在している諜報組織は、実質的にこれら資本勢力の利益のために存在している諜報組織であると考えた方がいい。
 
これら国際資本勢力は、偽旗作戦によるでっち上げの戦争を繰り返したり人工的に株価を操作するなどして経済危機を演出することなどを通じて、1%の資本家が99%の市民を徹底支配するシステムである「グローバリズム」を地球規模を推し進めてきたけど、実質的に世界の先進国がこれらの傀儡である実情を考えると、これらの地球規模のネット監視も、グローバリズム(世界政府計画)に反対する市民を徹底監視し、排除するために行なっている」ものと考えた方がいいだろう。
 
日本ももちろん「その一部」であり、世界的に見ても、日本は安倍政権によって急進的なグローバリズムが進められている状況だ。
https://yuruneto.com/jikazousyoku/
 
こういう風に考えると、「自ずと答えは出てくる」ように思えるけど、言うまでもなく、これらの強力なネット監視技術は、テロリストに向けられているものというよりボクたち一般市民を対象に行なわれていると考えるのが自然だね。

特に、秘密保護法や共謀罪強行採決した安倍政権に至っては、安倍総理に批判的な市民」を優先的に監視・追跡していそうだし、番組中に防衛省が回答していた「一般市民の情報を収集しているものではない」との主張は鵜呑みにしない方が良さそうだわ。

なんせ、安倍政権によって、日本政府は日常的にウソばかり吐く国家に変貌してしまったし、
https://yuruneto.com/abe-yanase-imai/

憲法違反も日常的に繰り返すようになってしまったものね。
 
どちらにしても、国家組織同士で覇権や権力を競い合う時代はとっくに終わっており、今は、グローバル資本家が地球規模で多くの主要国をコントロールし、より強固なグローバル資本主義(の先に待っている無国籍の共産主義社会)」を打ち立てるべく、ネット監視技術やAI、暗号通貨の技術などを通じて、ボクたち世界市民をより強いコントロール下に置こうと日々目まぐるしく動いている実態を知るべきだ。
 
その一端をボクたちに教えている意味でも、このNHKスペシャルはとても見応えがあり、とても優れた内容だったように思うよ。
 
 
[NHKスペシャル] 「日本の諜報 スクープ/最高機密ファイル」〜 NSAと連携する内閣情報調査室は膨大な情報を取集し続ける 
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=162062
 
福岡県の筑後地方、豊かな田園風景の中に巨大なメロンがゴロンゴロンとあり、以前から友人たちと「あれは何だろうね。」と話していましたが、これだったのか!と愕然としました。
  ネット上で大変評価されていた番組「NHKスペシャル/日本の諜報 スクープ 最高機密ファイル」を後追いで観ました。
  国民が知らない間も、ずっと存在し続けていた防衛省電波部、また日本のCIA内閣情報調査室は、安倍政権2012年以降、新たな動きが加速したことなど、NHKとは思えぬ内容に驚きました。
  戦後アメリカの強い要求に基づいて設立された(現)内閣情報調査室が何を目論んでいるのか、トップの北村内閣情報官は、前川前事務次官のでっち上げスクープや詩織さん事件の際に黒幕のように取りざたされた人物です。どうしても「支配」という言葉がちらつきます。
 肥大化する情報収集の目指す先を念頭に、要点と思われることをまとめてみました。
(中略)
マラードは今後さらに諜報能力強化を目指すという方針を打ち出しています。
 国民の知らないところで、社会的な議論もないまま、私たちが日常的に発する情報は全て国家により取集されているという現実がすでにあります。これが一体何を意味するのか、私たちが問われていると番組は指摘して終わりました。
 
 
 
今度は辺野古付近3区への補助金を凍結する気か? どこまでも不誠実な安倍政権 
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=161955
 
安倍政権の、沖縄に対する無礼で卑怯で露骨な、補助金政策です。

19日、菅官房長官が名護市に入り、首長らと会談した際に、これまでの恒例を破って辺野古新基地に近い3区の首長とは会いませんでした。
 
これはつまり交付されるはずの補助金の行方を暗示するらしく、本年度分の3区への補助金は未交付のまま無視される可能性があります。

そもそもこの補助金は、2015年、防衛省が名護市の新基地建設現場に近い3区だけに「直接」交付するという異例の枠組みで新設したのでした。
 
当時の辺野古移設に反対する稲嶺市長の頭越しに支給され、3区を懐柔するような補助金には強い反発の声が上がりました。
 
稲嶺市長は地方自治をないがしろにするもの。市と住民の分断工作で、アメとムチの最たる形だ。」と批判していました。
 
ところがその後、今年2月に新基地建設反対の稲嶺前職を破って当選した渡具知市長は、基地に関する公約は掲げていなかったものの、国から早々に米軍再編交付金の支給を取り付け、菅氏に対しても「さらなる協力をお願いしたい」と要望するなど政府と足並みを揃えています。

そうした状況で、懐柔から一転、威圧するような今回の3区への態度は、沖縄に対して二重に不誠実です。
 
と言ったところで、あべぴょんに誠実を求めることもウルトラ不可能なのでした。