規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

自分のためでなければ、その自らのエネルギー値、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

周波数止めても再度チューニングし直される連続になるが

そういう力を人は持っていると認識すること

言葉と音楽の脳領域は別。あなたが脳の音楽部位を認識すれば手の届かない場所でも意識周波数で干渉できることに気がつくはず。つまり 送られる脳内音楽を一時的にでも止められる

これはずいぶん前に判明しており、コンピューター的にも対策できること 

簡単に言えば、認識部位のチューニングを送信されるバルス電磁波周波数からずらせばよい

コツは脳で周波数型など意識しないこと 

むしろそういう力が誰にでもあることを認識することが大事。ニューロ連中は大抵みんな知っている。それらは元素記号のようなもので、それ単体止めるのは簡単だが、本質的には簡単ではなく難しい