規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体 -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

自分のためでなければ、その自らのエネルギー値、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

あばら下と顎骨(頬)を人工シンクロさせ、頬を上げて笑ったりすると、あばらが上がる設定をされていた。

→顎か頬を触ればわかる

→たまに、さわるとなにか発動する設定が施される場合がある

→その場合、普段使用しないもので確認するなど工夫する。

→更に手を手拭いなどで包めばわからない

また上前歯とあばら下を連動させると、なにもしていなくてもあばらを上げることができる

→前歯自体の振動を止める

→指で少しの間挟めばよい

起きたらシャワーを浴びた方がよい

風呂は、背骨などの歪みからの漏洩生体電流で感電する

シャワーもなる方は、足元から感電している。浴槽と足の間に感電しない敷物を敷く。また上空からの電磁波を足元に落とさないように、浴槽床足元周囲(直接触らない)に鉄的なものなど避雷針がわりになる(平べったいものでもよい。数個)、なにかをおけばよい。

基本的に身体接触しなければ問題起こらない

しかし、アメリカの技術でその状況は変わった。、よく着ている服(それは身体接触箇所が決まっているものともいえる)を脱いで、その服の一部箇所に強い電磁波物質を置いたら、身体のその箇所に電磁波影響が反映された。これはBMIテレポーテーションが利用された場合である

話変わる

考え方としてBMI利用の場合、加害者側は、「BMI人形に被害者Aがシンクロしてきた」と考える。何故なら、BMI被害者は多数いるからだ。 

また、玄関前のブレーカー箇所に一分以上いたら、攻撃開始など、コンピュータープログラミングすることが可能