自分とは何か?-無限の認識 発動中-

-自分の光の中に 自分より大切な 誰か・なにか・イメージ をおいた 無限創造の世界-

規則的な時間がなく カタチを変え 互いの位相を交換する フラクタル構造体

性奴隷を作り出しているのは、欧米のユダヤでしょう。メディア上では、性的被害の話はセンシティブになるり女性が過敏になるので、常に敵対国イメージを悪化誘導させるために、無いものもあるとして流してきた。

アメリ南北戦争以前から、アメリカ新大陸へアフリカから独占奴隷売買貿易をしていたのは偽ユダヤと聞いている

また豊臣秀吉時代、日本でイエスズ会がヨーロッパへ日本人奴隷を連れていき、裸で歩き回させていた。故に当時の流れがバテレン禁止令、踏み絵になっていった。

東インド会社はオランダが始で、イギリスがその後主となっていった

欧州、アメリカどちらも問題を抱えていて、

グローバリスト金持ちが高周波の中で女をはびこらせ、電磁波をつなげられている者のところで、良いことなどが起こると、今までいた加害人物を押し退け、その周波数数値のようなものを自らに吸収させ、自らだけ突出した良い空間を作っていく。しかし、そのように集めた人物のところで、これまで一度もなにか大した変化が起きたことはないと話を聞いている。今まで橋浦のところで起きたこととの比較で。

また、常に良い周波を発生できる人間になると、金持ちがその「子」的ポジションを金で買い、その人物の発するものと常時シンクロする位置を買う。橋浦は「自ら発せられるようになることが王道の道」だと考えるので、その良い周波数状態を破棄し、その状態を絶った。その子ポジションの金持ちは、恐らく別な人の下部に繋がったのだろう。

私は述べたい

なんでも金で処理しようとすると、こんな意味のないものばかり作って、さらに買わされてしまう