自分とは何か?-無限の認識 発動中-

-自分の光の中に 自分より大切な 誰か・なにか・イメージ をおいた 無限創造の世界-

規則的な時間がなく カタチを変え 互いの位相を交換する フラクタル構造体

書籍紹介:「筋肉と関節 しくみと動きが見える辞典」☆どうしたらいいか? No.009

 

筋肉と関節 しくみと動きが見える事典

筋肉と関節 しくみと動きが見える事典

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 永岡書店
  • 発売日: 2018/05/15
  • メディア: 単行本
 

 

f:id:uta_stream:20190919133531j:plain

f:id:uta_stream:20190919133534j:plain

「起」を押すと足が開く

「停」を押すと足が閉じる

103

特に太もも内側中心辺りを(コピー脳該当箇所から、または特殊電磁周波数空間内で脳アクセス、または電磁波直接?)で押すと足が開く

 

理屈を知ることで余計な不安がなくなる

 

特殊電磁波空間内は、水道からランダム揺らぎのような感じで水を流し続ければ空間内電磁存在は動けなくなる(その場にとどまる)。

 

しかし床振動や特定空中場周波数振動などで通常顕現したりすることができる。通常顕現とはつまり、最初の一回目は研究者や軍または外国のプロが設定し、二回目以降はプログラミングとして簡単にだれでも身体操作を実施できる状態にすることを指す。意識を喪失しているあなたは簡単に操作されうる。誰かが見守ってくれたり、電磁防御がしっかりしているカメラで自撮影すれば、おかしな身体動作を伴う動きはされずらくなるはず

 

書籍名:後で。忘れた

「特別付録

筋肉の起始・停止早わかりBOOK」