iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





今日のまとめ

Thu, 16 Jul 2020 00:03:09 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

木星太陽化の件

■「敵などいない世界」

■自らの記憶の中にあるX

太陽X→思い込ませ→普通の太陽に認識を戻すと、プラーナ中心ラインの憑り付き(ヘビ)消える

人生上の「X」を消す→身体各部に憑り付き(特にカムロギ・カムロミライン→はずせば受信不可能になる)

→しかし、これだけだと、保存されてしまう

→保存された霊体を身体からはずす

また369Xで、口・あご憑り付きが外れた

■369X

頭部に各惑星が登録されていた

369Xではずす

地球→右前歯振動

特に月、土星が強く登録されていた

■思い込みより直接霊に語りかける

疑うことを知らない人の思い込みより、自分の霊に問いかけたほうが強い。

「吸ってるの?」→「吸ってない」→外れる

■身体オーラを霊体とみなして移動させる

オーラを身体から貫通させてみる→(身体周り留める・身体から外した)オーラに電波受信させる→オーラ内に幾つも様々霊体とか配置してみる→AI混乱

■アンク十字はエネルギーを長時間保つ

→アンクのサイズも身体のどこもイメージせずに、アンクを漠然と身体に置いたようなイメージをする

→横線で「なにも影響を与えていない」というメッセージで止めようとするが、自らの次第

→「足裏上下反転の人体」をイメージすることで、横線打破もできる。その場合、上下歯列の間におこる。

■身体上下左右の磁場に上下反転アンクをかざす

→磁場憑り付き浄化可能

■憑り付いている霊体にベビーパウダーをまくイメージをしたら消えた

■腰あたりで遠隔霊体おならがなる場合

→自ら内側に霊的エネルギーを当てれば、消える

■エネルギー消耗しても、あなたのオーラから周囲のエネルギーを取り込むことが基本的にできる

■言葉にもせず、事前に意識もせず

何も決まっていない

体内覗いていない

→相手がなにかをしてくる

→この時点で私とあなたは別

→「ブロッケン状態(他の人が連動しない)」にさえならない

*言葉とかも決めない

■体の中は普段どおり

体の中は空になっていない

いつもどおり内臓がある

何も住めない

どこに住むというのか?

*上と逆

■坐骨

ヒトは、可視光にのみ住んでいる

ヘビ人種は、低い振動帯にのみ住んでいる

地下都市存在は、大地地下周波数振動に生きている

■鏡の中から干渉

後頭から認識変更をかけた目に、特定イメージを鏡に映しこませる場合がある。錯視を利用される場合もある。また鏡の世界はエネルギーに満ちていて、エネルギーをこちらの世界に放射することもできる。特に何も考えず自分に鏡エネルギー放射を向けると、憑り付きが吹き飛んだ。

ミトコンドリア(CTA回路)

ATP生成

アセチルCoA

脂質と脂溶性ビタミンはリンパ管から静脈に入り、心臓から動脈を経て肝臓に入る

ホルモン操作

■DNAはプログラミング。DNA=波形=蛇

■ソマチッドは強い意志を持つ

ソマチッドは高熱・高圧・酸にとても強く、ダイヤモンドより堅い。隕石からきたと考えられている。あなたが怒りや憎しみに満ちると殻をかぶって体内から逃げる。ソマチッドがいなくなるとコントロールされやすい状態になる。ソマチッドはリンパ管になる前段階のボンパ血管(霊段階での人体生成)でも影響をもつ。

→ソマチッドにTCA回路を回させたら、不動点(リンパ節の人体交差点=喉みたいなところ)から大きな気エネルギーが落ちた

→ソマチッドに、ボイスの「(なんだかわからない)みなし」をやめさせたら→なにかが色々落ちた。→へそ右下あたりになにかが当たった状態になった。すべて外れた後の、再起点のひとつと思われる。携帯電波でもあたっているのか?

→他者霊体転送はできる模様

■リンパ節(リンパ管の要所)

不動点から、片手親指ー中指の長さを当てる

・頭頂部上空間(コーザル体?=霊体初期化ポイント)→口にエネルギーを入れるホース?が外れた

・喉→鼻・上唇に影響するものが外れた

不動点→喉に当てている。縮小したピグモン(霊体人形)を置いていることがあった。過去においた霊体人形も影響を与えている。ソマチッドに初期化した自分をもたせて時空間上を一気に解消させた

・ひざ近く太もも→口前・胸前あたりのオーラ(トーラス対流に関係していたか?)

・くるぶし→直流の発生する場所。喉奥・鼻下に影響

不動点背面の背骨

→上記を解決させることで、ボイスにもよくわからない物質で作られたあなたの霊体人形が空気が抜けたように縮小していった。

■喉渦

右頬上-左頬上-喉 で逆三角形形成。喉に渦を巻くことができる。

エネルギーが下に向くので、すぐ上に上がってこれないものがでてくる

→下に△生成で対処可

■お店や街角で突然電話

→家にあるあなたの過去電磁場と連動させることがある。

→家やあなたの室内過去電磁場を、電波が入らないところにずらせばよい。

→土の中とか

■MADによる霊体人形ワールド(シュミレーション世界を望む人達による)

ここでは、あなた本人の肉体さえどこにも必要がない

脳データを盗られたそれらが、よくわからない物質の中に注入された霊体を元に、プログラミングされた行動をするのだ

現在、盾にされた霊体人形が、あなたの霊体人形に干渉し、その結果をリアルタイムに地上のあなたに送信する。

もともと地下世界とは、単一の周波数が鳴り響く世界で、その周波数にプログラミングが施された世界だ

生きているか死んでいるかわからないゾンビが大量に蠢く

地上の者が、自分ばかりの低い周波数のあり方をする限り、そちらに近づいていく

2000年位から、「敵がいないのに戦う世界」が作られ、低い周波数の振動が恒常的に作られた。

敵がいないので(見えないので)いつまでも戦うようにさせられる。

その結果、低い振動帯にのみ顕現化する気体存在が、よく現れるようになり、求めるものから憑依した。

恐らく2009年位から、ないものをあるように思うマジックで、より憑り付かれた。

このままだと私たちはこの世界に沈む。

いや地上に地下が顕現してしまう。

木星太陽化

2000/8 NASA 木星探査衛星カッシーニのフライバイで木星に降りる際に、木星の後ろ側に木星と同じサイズの黒い星がいることを発見した。預言者などに予告されていたティシュヤ(別名ラジャ・サン)である。可視光線を吸収するプラズマで包まれているため真っ黒に見える。さらにプラズマになると重力が変わるため、これまで発見されなかった。

この星は数百年前から木星の後ろにおり、自由に移動ができる。

1994年には海王星付近に現れ、海王星をポールシフトさせた。

1999/8に本格始動した

2000/8にNASAに発見された

恐らくこのとき、ティシュヤ(別名ラジャ・サン)が、二ビルであることをNASAは確認したのかもしれない。

その後、二ビル(アヌンナキ)の関わるメソポタミアエリアの遺跡や古文献を強制的に集めた。

2007 銀河中央司令から「木星太陽化」の件の通知を、地球の大国政府や「隠すもの」が告げないことに強い警告

1700年代中盤 ナポレオンの敗戦による株暴落、正統古代知識継承者が大量に没落。シリウスが1972年までに地球人類がキリスト意識に戻れないと悟る。太陽ヘリウム化で人類滅亡回避のため、宇宙で誰もしていない方法論を探す

1913 地球と位置的に影響を受けるapex(ゼータレティクル)グレイが、地球の人工マカバ解消にくる。このグレイは友好的なグレイ。しかし人工マカバ解決に失敗

1914 第一次世界大戦勃発

1943 フィラデルフィア実験。ドイツ敗戦。

1972/8 太陽(50億歳)のヘリウム化による大爆発。シリウス、太陽系ホログラフィック化で回避

1989 マルタ会議(マルタ島には地下都市あり)。冷戦終結ソ連情報開示。「ヤルタからマルタへ」→ALTA(2009あたり)と続く

1991-1993 エジプトの窓開く。民間人による宇宙人との交流開始。どの宇宙人が地球にアクセスしていたか、政府レベルでやっとわかる。既得権益者が何らかの理由で友好宇宙人拒否。

1995 日本(関西エリア)に22.5度 地球の意識の焦点(パワースポット)がくる。800年は続く。

1995-1996 エジプト 大ピラミッド地下(地球の子宮)に地球の逆から中性子爆弾を打ち込む。中性子爆弾とは、構造物を壊さず、生命体だけを滅ぼす兵器。このため派生的に地球の内部がその振動で鳴り響く。

2001/09 911

2009 モントーク(不可能を可能にする)

2011/03 311 宇宙人喜ぶ

2012/12 時間の渦がゼロ地点になる

2013/07 2012/12関連

木星太陽化は、恒星の連星になり、太陽系のボルテックス的に1000年間の黄金時代が確定している。

既に予定時期は過ぎているとみられ、早めにしないと、他の惑星に影響が及ぶ。既に天皇星に輪がかかり始めた。輪は氷でできている。

二ビルはそろそろ実施したいが、銀河中央司令はまだ許可を出していない状態

太陽と木星・地球の位置でどのような結果が生まれるか決まる

地球のあり方でその後の進展は変わるだろう。

また地球全体でアセッションできれば、三体という太陽系のありかたもできるかもしれない。その場合、予測ができない系ができる。

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?