iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





2019-09-30から1日間の記事一覧

人を騙す、嘘をつく =信頼性を失う =信頼がないため、言葉の力を失う =言霊の力を失う =最終的に言葉の意味さえ失う =聞かなくてよい ここまで 東京裁判のような、突然のルール変更的やり口だったため、混乱しただけ。今まではそれでいいとなんとなくさ…

2019年現在 日本は人口増加率が欧米に比べても著しく低い国です 仮に地球の人口増加に対してのやり口だと百歩譲っても、非常に効率が悪いとしか言えません つまり、地球温暖化同様騙されているのです。 本日のユダヤ系の掲載記事で理解したことでしょう 以上

下手すると 前述投稿で 橋浦のせいにする思考を 潜在意識に埋め込まれたはず どの書き方が原因か? 理解したら思考を自ら変えよう 連中の言いなりでやったことは、短期的・一過性的によく見えても、後から問題をはらむので、やらないのが無難。あなたの思考…

ちなみに夜寝る前にある程度以上食事をすると、就寝中胃腸が動くので、なにも腹部で起きていない前提で設計されたことを再設計してまで何かする気にはならないらしい 状態変化するしね 橋浦は昨夜、カップ焼きそばとポテトチップとアルコールとゲソ食って寝…

自己中心を前提としない他者を思うあり方は、自己中心者とのチューニングを外す それはオーラなど含めて そうならざるをえない

記事紹介:あわせて読もう!(きちんと理解が深まりました)

東の島を目指す失われたイスラエル10部族 | 日本とユダヤのハーモニー 真実の共有 - 支那共産党の残虐行為にNO!:チベット族とウィグル族もまた「古代イスラエル10支族」の仲間だ!... | Facebook 質問!ITmedia - イスラエルの日本人DNA調査その後 (日ユ…

記事紹介:「ユダヤの陰謀」の正体は大英帝国主義である

やっとたどり着けた気がします (アーカイブ目次に戻る) 「ユダヤの陰謀」の正体は大英帝国主義である これはThe "Jewish" Conspiracy is British Imperialismの全訳である。著者のヘンリー・マコウはユダヤ人だが、自他共に認める「陰謀論者」であり米国の…

テキスト文章は簡単に翻訳されます 脳内読み上げは、読み上げた人物へ再送されるかもしれません。書いた者には、お返しなどと言って、再送されます。初期時には寝ている頃によくされました。 まぁ、どこがバランスなのかと。 欧米グローバリスト及びそれに利…

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?