iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

2020-01-25から1日間の記事一覧

思い込ませる→誓った日を思い出せ

現代の歪んだ常識唯物論よろしく 自らの身を最初に守る意識では、求めることを遠ざけてしまう

なんでもチャラにできると思い込んでいる人は、原罪と輪廻の罠に入れられていると思った方がよい 次元が変わっても、基本的に変わらない。変わったのは、あり方のゾーンではないのか? それとともに、根本的な探し物がみつかったわけだし 今回の探し物がみつ…

霊体を整えれば、病気にならないのだろうね また霊体の初期状態はいつでも自らダウンロードできる。 霊体とは時空間的に差し替え可能なのである 一定以上のレベルが必要かは不明 自分で、決めつけず、自ら責任をもって確認するしかないね なにごとも

元々 音や形に特定意味などない 後から意味をつけたに過ぎないのである 意味ベースは根本的に浅く、呪術的で、共有集団またはあなたの約束事か思い込みで、用を成しているに過ぎない 本質的にはそれがただそこにあるだけである あなたがそうだとおもいこんで…

常識とは 人間が光(可視光)の領域に済んでいるということ 常識は多数を陥れられる型である あなたの霊は電磁であり、スペクトラル的にどこにでも存在し得る さらに言えば 人間の体は、通常頭首体腕足ひとまりの認識だが、X線レベルでみれば、すかすかの穴…

常識から不安に思えることは 様々な(宇宙)存在(の仕方)を知ることで、認識が変わる 通常 UFOは小さい頃に出会うことで、大きくなっても恐れなくなる。 同じように 特に男の子は、小さい頃に恐竜や昆虫と触れあっている。 ここにポイントがある また首は…

ある領域を越えると、必然あなたの存在の仕方が変わる あなたの真実に立つのは基本 スタートライン

霊領域はままごとでしかない 魂ポイントにまず立つこと 魂ポイントとは、生きている状態から見れば、死んで産まれた時に、決めてきた方向性エネルギー 量子論波動的側面から言えば あなたはエネルギーでしかない 死んだときに、霊電磁的なものは持ち込めない…

別時空間から干渉したりできるが 更に 人と人の間にも干渉体として存在してきた また霊は密度と深さがある 電線上の電気の幾何学は▽だが、大地の霊体(幾何学は□)を引き上げ、干渉をゼロにできる しかし、テレポーテーションポイントを作成し、その状態でも…

バカみたいに異様なテンションで騒いで聞こえるムード音声も一種の周波数チューニングである はまる人は同調せず脱出すること また不快や怒りも特定周波数同調である 肝は どれかにならずどれでもあること 評価しないこと 認めること 上げないこと 下げない…

常識とは 人間が光(可視光)の領域に済んでいるということ 常識は多数を陥れられる型である あなたの霊は電磁であり、スペクトラル的にどこにでも存在し得る さらに言えば 人間の体は、通常頭首体腕足ひとまりの認識だが、X線レベルでみれば、すかすかの穴…

霊は電磁であり周波数があり振動する エネルギーゼロでも、なにかしらの振動が起これば、そこに渦が生じる 一説では 宇宙は内部が電磁で満ちた空っぽであり、周りに泡のように膜が張っている。その膜に銀河があり、それが揺れることで、宇宙が膨張したりして…

自らは何者か?の話であり、 それは自らが信じているものとしか言えない しかし存在するレベル(それは自らのあり方)によって、開かれ方が違う 最終的に自ら開くしかない 自ら(に)責任を持ち、そのままでいられる状態(それは真実に立ち、とらわれのない…

乳首へのなにかは 基本的にはTシャツの静電気を利用したものだが 乳首をなぞって型をとり、別な方法をしているものもいる また電線がある道路を服と体の間に電磁場オーラエーテルベールを張り、そこにホログラフィックに映して乳首にも影響を与えたりする エ…

生命体を不幸に落とそうとする存在は、あなたのイメージの中で4方(360度)鏡張りにすれば消える 自らの体 たとえば松果体にとりつかれてないか 電磁とりつきは 覗かれれば消える

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。