iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

2020-02-25から1日間の記事一覧

あまり知られていないが、 縄文人は、鯨面という渦状の刺青を、身体に多数いれていた。

宇宙とか信じない人のために、一つだけ情報を提供するなら、 青森三内丸山遺跡の一番中央付近では、ある特殊金属が多数発掘されている。遺跡自体は公表では6000年前とされているが、実際は8000-20000年前以上の遺跡であることが、当時現場にいた日本人とアメ…

ここ数週間、 マヤ系のある古代物の立体的解放による 人類のアップデート(主に電磁力耐性など10倍) 地球のアップデート(フラワーオブライフ化) 時空間上の歴史的人類のマイナス想念の浄化(アフリカマリのドゴン浄化では、シリウス的鯨が封印されていた。浄化…

ほとんどの場合、あなたはあなたを大切にするあまり、あなたの肉体の領域範囲をあなたであると限定づけている。少なくともあなたの霊体はあなたの意識で存在を拡張できる。これを信じて色々試行錯誤してみること。一例として、あなたの霊体はあなたの横に置…

何故こんなことをされてきたか

簡単に言う ディスインフォメーション 各政府はある大きな機関にコントロールされてきた 高次元の意識や波動とどうつながるかが焦点 それを独占したがっている

あなたの過去の特定場所におけるカタチに連動させたシンクロ以外に 近くにいる、特にあなたと似たカタチの人物からあなたにシンクロし、その近くの人物からあなたを操作する場合がある。その人物の憑依または霊体を意識力などで飛ばせばよい。 また怒りでは…

あとは、身体周囲にある別電磁界へ移動しそこから電磁(特に磁力)で干渉する方法。また渦による吸い込みや吐き出しがある。ほとんどがあなたの家内にあるもので構成される。磁石は捨てて、ゼロ磁場は必要時以外なにも吸い込まないように保存して、身体にみな…

ほとんどの場合、あなたはあなたを大切にするあまり、あなたの肉体の領域範囲をあなたであると限定づけている。少なくともあなたの霊体はあなたの意識で存在を拡張できる。これを信じて色々試行錯誤してみること。一例として、あなたの霊体はあなたの横に置…

あなたの普段の様々な姿勢(カタチ)それぞれごとに、憑依などの受信がなされている。普段よく眠たくなる人は、眠る場所の状態を立てて、あなたに当てられている場合が多々ある。 故に、あなたがよく存在する場所であなたが低振動で存在しているが故に、残存念…

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。