iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

2020-06-17から1日間の記事一覧

物事の本質は「どこかの国」とかの命令レベルで動かない。

また忘れたの?

5Gスマホは、あなたのオーラを振動板にみたて、ピグモンまたはエルバブ(あなたを巨大化したオーラまたはピグモンで包む)の後頭部下首裏に事前作成したあなたをコントロールする構造物に5G電波またはIPhoneスマートフォンの周波数を送信する。昨日地元で確認…

チャンピオンというアパレルメーカーのロゴマークを縦にすると、アヌンナキのエンキ神を悪魔化したようなマークになる。 もちろんエンキは悪魔はない 最近地球の大地と関係するあり方を選択している

突然、街宣の幸福実現党が「リモート特需」と言いいはじめていた。 そうなのか

昨年秋の鎌ヶ谷シュラインの時から、100%脳情報を取らなくてよい状態に地球人類は移行している。そこから更に数段階コントロール不要状態、軽くなっているはずだ。 連中はそこで生じた「増えたできること」を利用している(多くに言ってないのかもしれない)…

呪われマカバとは 精神レベルが達していない人が、光の体を使用しても、(力ばかり求めて相剋インフレーションし難易度も上がり)呪われるだけという話 第三意識までまず上がれ

気がつけるか?

基本 現地(本人)に決めさせているように進めている 現在一部 (作られた)ストーリー(プロジェクト?、プログラム?)上の一部にされて、自動的に存在が進まされている *電子が全て同じ方向を向いている時に、一人だけ横を向くのは大変だ。しかし首から上だけ…

メモ

洗濯機(の回転中)は菜の花畑にしか見えない ▶つまりみんな同じものを使っていて、無意識に集合的な力が発する源になっている 最新のやり口 あなたを取り巻くオーラを振動板とみなして、特定周波数をオーラに送って、霊的エーテル的構築・影響を与えてくる。…

あなたの意思が免疫を動かす

別冊Newton 「細胞と人体」p104-105 前回リンパの前段階ボンパ菅などが、オーラエリアに勘違いさせられて、作らされる話をした。 免疫はそれらの中を通って移動できる。そもそも次元を越えられる存在が免疫である。 T細胞以外にB細胞、プラズマ細胞がおり、…

朝、ピグモン人形を、電気的にプラスとマイナスを反転させた鏡にしている。あなたが除電したら、ピグモン人形に帯電させオリジナル(本人)に転送

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。