iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





まとめ・メモ

メモ

甘えるな

メモ

誰かの高周波気体とかを、エーテル人形にいれ、それを自らの高さだとし、周りを騙す存在がいるので、気をつけること。匿名を信じなくてよい。モナー また、高周波とか低周波とか二元論やめてほしい。無意味。 オクターボ的には144000ある。周波数的には隣り…

メモ

2004年からの17年間の締め切りが →2021/09/10

メモ

思い込み(決め付け)で存在することができるとした気体存在 →ある種、本物の存在。 → →「この宇宙的タイミングで、自分たちが必要だ」 と述べ、ある属性に許容されていたと思われる存在 →「誰も突破できなかったらどうするのだ?」と問うと、トンズラを決め…

メモ

免疫に免疫のありかたをさせれば、あなたのあるおかしな状態は 解除される

メモ

連中弁護士 電磁場(電磁空間)は、会社の資産ではない 東京電力 現在、電磁界(電磁場ではない言い方)に法は適用されていない。 俺 霊的世界に法を適用するのは正しいか? もうすぐ、木星が恒星化し、太陽と2恒星化する。その際に、水星・金星・地球・火星…

メモ

自らを整え、できる範囲でいいので、そばにいない周囲の助けをする あなたが思えば、相手の霊はあなたのそばにいるかもしれない。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない いずれにしても、あなたがイメージできない同じような状態の人でも、助けたら…

メモ

本 最初のページから読むと、特定の本は魔術に入れ込まれる場合がある または、ものの見方のパターン化を利用される場合がある このブログにしても、なぞっていたら水のみ場攻撃に利用される。

メモ

清算<<自らのあり方をまず整える に変更 自らのあり方を整え、効果があると思えたら、少しずつ清算しよう 基本 ×こだわらない ○とらわれない ×AかBかの二元論 ○AでもBでもない、その昇華 ×予定調和 ○偶然や気まぐれを活かす △自分でなんでもする ○人以外に…

メモ

あなたがあなたやあなたの範囲内を防御する力より、あなたがあなたの範囲外を守る力のほうが効果的だ。それが現在の基本

メモ

仮に機械音が響いても、それはタイミングよく鳴らしているだけ。 また、電気が流れるところには磁場がある。チャクラをまず落とすところから考える。 あなたが「そうなんじゃないか?」と疑えば疑うほど、魔術にかかる。つまり別なことを考えよう。

メモ

仮に機械音が響いても、それはタイミングよく鳴らしているだけ。 また、電気が流れるところには磁場がある。チャクラをまず落とすところから考える。 あなたが「そうなんじゃないか?」と疑えば疑うほど、魔術にかかる。つまり別なことを考えよう。

メモ

周りの人がうわさをしていると考えなくてよい まず、自分の耳(下あごから聴覚など)だけに振動できかされている可能性を考える 次に、空間に居る自分を考え、XYZの空間位相に音を鳴らしている可能性を考える 次、周りがなんらかをしているとしか考えられな…

メモ6

[ 0269: 素数の極座標プロット ] http://obiwan3.greater.jp/math_battle/html/0269.html →極座標に素数を配置するものの見方=螺旋 素数の法則について解説 https://www.sciencebeanz.com/entry/2020/01/13/164458/ →ブリヒタの素数円(円を24で分割する)…

メモ

「俺たちは俺たちのあり方がある(のに)」 →どういうシチュエーションと予想される? →時間軸・動的に見ると、その発言の人達のその後の傾向はどのようになると思う? イメージによっては、あなたは上記発言に対して、ある種の対応傾向を持つほうが安心とな…

メモ6

素数の法則について解説 https://www.sciencebeanz.com/entry/2020/01/13/164458/ [ 0269: 素数の極座標プロット ] http://obiwan3.greater.jp/math_battle/html/0269.html DNAは原子核にある。憑依はDNA(二重螺旋)にとりついている場合がある。 渦に対して…

メモ5

どこかの過去磁場空間にいる自分(残存霊磁場)を電磁的に干渉されている その「陰」つまり「外側に広がる空間(すきま)」も同様 DNAに憑りついていた DNAの光受信のあり方 意識のある他の生物(霊)複数に同時に聞け。 体内(近距離)で量子スピン効果が適…

まとめ4

ミトコンドリアエネルギーは人体にフィールドを形成する そこにデジタルパケット振動が送られている ミトコンドリアエネルギーはクエン酸回路と同様だ 円と三角形の重なる具合は三角形の姿による。すなわち特定が難しい。 ミトコンドリア(9点円)を多次元化…

まとめ3

まとめ2

いつも不安定なところはどこ?

メモ

同じイメージ図でばかりやると、そこに憑りつかれます あなたの意識の焦点の先(今からいこうとイメージしたお店)の中にいる誰かと繋がる可能性があります。 のどのチャクラOFF 「菜の花畑(集団で同じようにやる)」は利用されている場合がある あなたは場合…

メモ

三次元空間において、あなたや誰かの感情は、「渦の強さ」で表されているかもしれません。 渦はいくらでもとめようがありますが、自ら自身で作らないのが大切です。

メモ

(会ってもいない、相手は)とらわれず、捨てる。 本物なら残る

メモ

ワンネス(一元)とデュアリティ(二元)どちらかにならず、止揚(アウフベーヘン)させることが必須 どちらかになるとダメ。 交差を編むこと。三次元で交差に丸をおくのは、信頼できる自ら以外置くと問題を生じる。それ以外をおくのは控えたほうがよい。

メモ

あなたのチャクラやマカバの先などに憑り付きが居る場合がある。 イメージしたら、先ほどの要領で自分の磁場を消すこと。 本来強い感情でしか、そのような磁場は生じないのだが、人によっては、そのような感情無しに残存磁場が作られる。 また特定空間磁場(…

メモ

空間の中で、太陽のような光を連続的に浴び続けている姿をイメージしよう! あなたがまばたきをしようが、カメラのシャッターを切ろうが切るまいが、浴びている光は変わらずあなたに降り注いでいる。 このような状態で、あなたがまばたきのように光を区切る…

メモ

家の壁にある「アース線取り付け場所」と「外の地面」をアース線でつなげると効果的面の可能盛大

言い換え

・周りを信じる。力を持とうとしない(自らを人間と思うなら、何もしない状態を継続すること。プログラムを与えられない) ・イエス・キリストと決別する(頼らない。卒業。イエス・キリスト=魚、浮き袋=細胞分裂時に入る周波数気体が入る。イエスは人類に…

これを継続してみてください

・(人間以外の)周りを信じる。力を持とうとしない(何もしない状態を継続する) ・イエス・キリストと決別する

まとめ

・「自らをどこまで信じられるか」だけでも辿り着く ・あなたは「根源の光(大元の光、最初の光、T1)」の中にある ・カルマの解消が「霊体」としての自らの力を存分に発揮する ・霊は素直。「もうご飯だよ」といえば帰る。 ・霊体は電磁でもある。カタチはあ…

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?