iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

訴訟資料

2013/10/3115:11:06

マイクロ波聴覚効果を利用する通信システムは、
軍事通信システムであり、
日本では防衛秘密に指定されています。

米軍が機密を解除しているので、
その概要は判明しています。

マイクロ波聴覚効果を利用する通信システムは、
パルス波形のマイクロ波を細いビームにして、
人間の頭部、側頭葉に照射します。

このマイクロ波はパルスコード変調により音声信号を運んでおり、
マイクロ波聴覚効果により、音声を脳に伝達します。

思考盗聴は、2種類以上のマイクロ波を使う通信システムで可能です。

一方のマイクロ波を使って、脳波信号を計測し、
この脳波信号を他方のマイクロ波に乗せて頭部にフィードバックします。

自分で考えている内容が、他人の声で聴こえます。

頭部に照射されるマイクロ波を遮蔽するのがよいのですが、
少なくとも100dBは遮蔽することが求められます。

市販されている電磁波シールドでは、20~30db程度までしか
遮蔽できないですね。



対処方法

行政裁判と刑事裁判に分かれます。

行政裁判では、国(防衛省情報本部電波部)に対して、
マイクロ波の照射の差し止めです。

刑事裁判では、告訴状を提出することでしょうね。

行政裁判でも刑事裁判でも、
マイクロ波聴覚効果という物理現象、及び、
マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムについて
鑑定書を添付することが求められるでしょう。

補足

加害者は貴女が祖母の相手をしたり、
介護をすることを求めているのでしょうね。

マイクロ波聴覚効果は、一般に知られていないので、
この現象の文献を列記します。

[1] マイクロ波聴覚効果に関する最初の報告

「変調された電磁波エネルギーに対するヒト聴覚系の応答」

Allan Frey, J. Applied Physiology, 17:689-692, 1962
http://www.thatte.net/frey.pdf

[2] Science 27 July 1973:
Vol. 181 no. 4097 pp. 356-358
Human Perception of Illumination with
Pulsed Ultrahigh-Frequency Electromagnetic Energy
Allan H. Frey, Rodman Messenger Jr.

[3] 1999年6月
世界保健機構(WHO)
電磁波と公衆衛生「レーダーと人の健康」、4ページ

http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf
公文書にマイクロ波の可聴が明記されていることに意義がある。

[4] Taylor EM, Ashleman BT
"Analysis of Central Nervous System Involvement
in the Microwave Auditory Effect"
Brain Research 74:201-208; 1974

[5] 「マイクロ波パルスにより発生する蝸牛のマイクロホン電位」
”Cochlear microphonics generated by microwave pulses”
Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH
The Journal of Microwave Power [1975, 10(4):361-7]

[6] 「マイクロ波の可聴;マイクロ波パルスによる熱弾性波聴覚刺激の証拠」

Science 19 July 1974:
Vol. 185 no. 4147 pp. 256-258

"Microwave Hearing: Evidence for Thermoacoustic
Auditory Stimulation
by Pulsed Microwaves"

Kenneth R. Foster and Edward D. Finch
Naval Medical Research Institute,
National Naval Medical Center,
Bethesda, Maryland 20014

[7] 社団法人 電気学会
高周波電磁界の生体効果に関する計測技術調査専門員会 編集
「電磁界の生体効果と計測」
1995年2月10日
コロナ社出版

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。