iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

訴訟資料5

okwave.jp

幻聴、癲癇とマイクロ波送信装置 長文です

  • 困ってます
  • 質問No.7158025
  • 閲覧数601
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
 

 

お礼率 86%(295/340)

1.情報公開

 2006年12月13日に、米国陸軍省情報公開プライバシー局(日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド局長は、極秘事項を機密解除し、カリフォルニア州ナッパに住んでいるドナルド・フリードマン氏に対して、マイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置が実用化されている事実を情報公開しました。情報公開された文献は、下記サイトで閲覧できます。

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf

マイクロ波は、電波の一種です。


手紙
 この文献の始めの2ページは、スーザン J.バターフィールド局長が署名をした手紙であり、この手紙には、ドナルド・フリードマン氏がマイクロ波聴覚効果、フレイ効果などに関して情報公開を申請したので、その返事である旨が記載されています。
 マイクロ波聴覚効果、フレイ効果は同じ意味であり、多数のマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳が音声を認識する現象をいいます。

文献
 この手紙には、非殺傷性兵器の選択的な生体効果という文献が添付されています。

マイクロ波聴覚効果 フレイ効果
 この文献の6ページから8ページに、マイクロ波聴覚効果、フレイ効果について説明されています。
 8ページの第1段落には、マイクロ波の照射の結果、頭の中で声が聞こえる現象が起きる旨が記載されています。
 8ページの第2段落に、数百メートル離れた距離からターゲットに選択的にマイクロ波を照射して、一人の人質のみに音声を認識させることができる旨が公開されています。

癲癇
 10~11ページには、マイクロ波を照射して、癲癇の起こし方が記載されています。

2.MEDUSA

 上記の情報公開後、米国ネバダ州に本社があり、軍用通信システムを製造、販売するシエラ・ネバダ・コーポレーションがMEDUSAという商品名でマイクロ波を用いて脳内に音を発生させる装置を公表しました。日本語では、米軍の軍事技術を始めとして技術関連に強いwired.jpのサイトのアーカイブにMEDUSAの記事が掲載されています。urlが長くなるので、省略しています。

3.米国特許

(1) 米国特許第4,858,612号は、マイクロ波を大脳の聴覚野に照射して、脳内で音声を認識させる装置について記載されています。米国特許商標庁の審査官が、このような装置を製造することができると認定して、特許されています。

(2) 米国特許6470214号は、米国空軍大臣が特許権者であり、ラジオ波聴覚効果を応用した装置について特許を受けています。ラジオ波聴覚効果とは、マイクロ波聴覚効果と同じ意味であり、多数のマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳内で音声を認識させる技術です。

これ以外にも幻聴を発生させる装置について米国特許が取得されています。
米国特許商標庁のサイトでこれらの米国特許は確認できます。

4.高周波電磁気学の論文

 モトローラ・フロリダ研究所がマイクロ波聴覚効果について論文発表しています。

http://grouper.ieee.org/groups/scc28/sc4/Auditory%20effects.pdf

電気電子技術者協会(ieee)は、米国で最も権威ある電気電子技術分野の団体であり、その団体のホームページに掲載されています。
 マイクロ波聴覚効果が発生する電波の条件が明記されています。

5.質問

これらの技術を悪用すると、幻聴を発生させ、人為的に統合失調症を引き起こせます。
米国では、陸軍が情報公開しており、空軍が関連特許を取得していることから、
米国防衛総省の関与が明らかになっています。
また、2006年12月まで軍事技術として幻聴発生装置が秘匿されていたに過ぎません。
皆様は、どのようにお考えでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  •   気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。
 

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

 

ベストアンサー率 21%(272/1253)

カオスヘッドというゲームをご存知ですか。

貴方の主張していることは、
人に何かを強制させる目的でも
効率が悪すぎます。

以前、似たような回答をした人が
いましたが、私はその人とは
別人です。
 ありがとう
  そう思う
0
  そう思わない
支持
お礼コメント
patent123

 

お礼率 86%(295/340)

カオスヘッドというゲームと質問との関連性が分かり兼ねます。
投稿日時 - 2011-12-06 20:56:08
関連するQ&A
  • 情報公開とMEDUSA

     2006年12月13日に、米国陸軍省情報公開プライバシー局(日本の防衛省情報公開室に対応...

    メディア・マスコミ
  • 眼に見えない電磁波を悪用する完全犯罪

    1.概要 防衛省情報本部及び自衛隊工作員が、 電磁波が人体に作用することを悪用して、完...

    その他(恋愛・人生相談)
  • 国家テロと秘密兵器

    1.概要  人間の脳神経系を攻撃する電磁波兵器が実用化されており、秘密裡に国家テロに用い...

    ニュース・時事問題
  • もっと見る

  • 回答No.2
レベル14

 

ベストアンサー率 38%(1112/2920)

>幻聴を発生させ、人為的に統合失調症を引き起こせます。

で、そのメリットは?

国家にとって危険な人物を統合失調症にしても、その人物の重要性はなんら損なわれません。
ましてその人物の思想が「幻聴から来る」と国家が宣伝しても、その思想に人々にとって重要な真理が含まれているのならば、幻聴であろうと独自の考えであろうと人々は従い、国家にとってその人物の危険性は減りません。

つまり無意味です。
 ありがとう
  そう思う
0
  そう思わない
支持
お礼コメント
patent123

 

お礼率 86%(295/340)

回答ありがとうございます。

国家にとって危険な人物を統合失調症にしているのですかね?

あるいは、国家が隠れて思想統制をしたり、思想調査をする手段なのかもしれません。
戦前は治安維持法があり、思想犯、宗教犯、政治犯を取り締まっていました。
これに対して、戦後はこれらを犯罪として取り締まることができないので、その代わりに人為的に統合失調症にしているのですかね?
あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。