iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

そこに本人が本人の声で現れることはない。また遠隔思考の声を取得し改変できる。他人が喋った声を知人の声に変えることができる。リアルタイム性もない。

ここに信じるものはない

仮に誰かいたとしても、大切な人には本当のあなたを知らせていれば、必要以上にそこを怖がる必要はない。私は、2004秋からはじまり、2005春以降会いに行っても「知らない」と201006までされ、201403までその状態だった人物のためこの人騙しに最適な人物だと思われたのだろう。

「国家と情報」という書籍があるが(2011秋に流出した秘密文書)、2006年頃に日本のムスリム(イスラム教徒)にされた公安のあり方そのものである。それが遠隔脳技術とともに悪用された。どこにもテロなどないのに、20170711には「テロとの戦いは終わった」と秘密裏に公安内に文書が出回ったのに(その前後の日の脳ネットワークで初心者が漏らした)、彼らは共謀ZAI(罪)を強硬採決したのだ。つまり、国民をバラバラにし、いつでもELFでコントロールし、情報を奪い、弱体化させ、リバランスを言って、「ご主人様のいう通りにやりました」とITに疎い連中にユダヤ監獄思考に染まったプログラムで管理させ、方向誘導し、考えることもせず、退化させたいのだ。

私はいう。情報サナダムシのあんたらが、口を開けてゲージに入っている家畜だろと。

私はいう。四つ足は人間に周波数が近い。その家畜ばかりを摂取しているあなたは、当然それらに影響されるだろう。その潜在的な憎しみはこうやって人類を滅ぼす方向に向かう。

今回の私の件も含め、あなたはそこに陳列している全ての背景を見つめ考えることもなく、自らの人生にお得と飛びついたのだ。

あなたは私に直接あって話すこともできた。それなのに、「これがこいつの心のなかだ」と事前に憎しませ、その状態で操作可能な状態で会わせ、自分達に都合よく利用しようとした。

しかも「お金払っているんだ」とチケット性にして見世物にもしている場合もある

みなさんはなにを信じてそこにいるのだ?

自殺までを楽しんでいるのか 311今すぐ身体に影響ない(癌化)を楽しんでいるのか なぞりなど意味がないまっ逆さまな人達は、自らとなって笑う。あなたはいまそこで自らが放った放射線を受ける。ZAI(罪)に行っただけで、Googleのような情報収集体制だ。今聞こえたイージーダンスの地声「こいつめんどくさいな」はまさしくこれらの実在を表す

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。