iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

プーチン:ロシアは米政府が「ハリケーンを機械で作った」という証拠をもっている

プーチン:ロシアは米政府が「ハリケーンを機械で作った」という証拠をもっている  

2017年11月25日 | 記事
いよいよ気象兵器の存在が明らかになりそうです。

リンクより転載します。
***********************************************
ロシア大統領ウラジミール・プーチンは、ロシアの衛星が、アメリカと周辺国家を荒廃させた最近の多数のハリケーンは、アメリカ政府内部で働いている人々が、工作した(engineered)ものだという証拠を捉えていると主張した。

プーチン氏は、ロシアの黒海都市ソチで、レバノン首相 Saad Hariri との会談に先立って話しながら、ハリケーン「アーマ」によって起こった、キューバとカリブ諸国への援助について訊ねられたとき、いら立ちを見せ、明らかに台本にないことを喋った。

ロシアの記者から、プーチンが国家を代表して、救援基金を送る約束を計画をしているかと訊ねられると、彼は「黒いスーツを着た者たちが、そういうことすべてを計画したようだ」と答えた。

どういうことか説明を求められると、彼は次のように詳しく説明した――

「我々はロシアのお金を、西側の少数政治家たちによって工作されたゴミを処置するのに、送るつもりはない。

「これらの暴風雨によって生じた破壊は、初めから、米政府内部の奥深くの、陰で活動している者たちによって計画されたものだ。」

彼が言っているのは、ハリケーンは、ドナルド・トランプが「パリ気象協定」を抜けた結果、起こったということかと訊ねられると、彼は感情的に声を張り上げて言った――

「それは気象変化に関係はある、だがそんなふうにではない。 リンク

「トランプはとても賢明な人だ。彼はそれを計算していたとは思う。しかしそれはどう考えても彼とは関係ない。

「ロシアの衛星は、これらのハリケーンが機械で作られたものであることを確認した。

「それは自然に起こったものではない。それはもう一つの金持ちのゲームだ。

「気象変化が現実だと一般大衆に思わせることは、2つの働きをする――それは彼らのリーダーを倒す。もう一つは、カネの流れが止まるのを防ぐ。

「今、キューバは救援を必要としている。そこでアメリカは救援にやってくるだろう。

キューバはアメリカに対し負債ができ、やがて米ドルが、IMF の支配するキューバの銀行を通じて、流れ出すだろう。」

(以下略)
あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。