iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

身体への電磁攻撃は、様々な家電や蛍光灯フィラメントを通して行われる。

また衛星などを介して個人特定して継続的に行うことも可能

これらは、パルスという変動周波数で周波数を変えながら送信してくる

遮断しずらいのは、電離放射線である、X線ガンマ線。また超低周波と呼ばれるELF

X線ガンマ線は、密度が濃い金属である「鉛」で防げる。完全に囲うなら球体上に囲う必要があるが、部分的に防ぐなら、イスラムエリアで鉛のヘルメットが売っているらしい。また頭部の一部を鉛塊で防ぐのも効果がある。または厚いコンクリートの建物に入れ。イメージは原子力発電所の石棺である。

低周波は遮断不可能。そのため発想を変え「古代の海の性質」を模したテクノAOが有効だ。詳しくは公式サイトをどうぞ。

x、ガンマ、超低周波いずれにしても粒子が小さく、人間の荒い体をスカスカ通りすぎていく。その際に電子を弾き飛ばして細胞が不安定になり、隣の細胞から電子を奪おうとする。そういうドミノ連鎖を起こして身体に不調を起こす。またDNA鎖を壊し、その復元の際にエラーを起こす確率を高める。これら心身の不調は、未病を引き起こし、いき値を越えると病気となる。

活性酸素対策と、核酸摂取、または直接ミクロ・ナノ領域に電子を送り込む療法が有効だ。基本である弱アルカリ体質であれ。

また身体各臓器の周波数は異なる。未病に対しては不調な臓器に、基本となる周波数を送り込む療法も有効となる。

西洋医学は局部的解決であり、東洋医学は全体的調子の改善である。東洋医学量子力学なのだ。周波数を、音・色・光・電磁波・あなたの想念、言葉など、全てが持っている。そして身体の大部分を構成する水は、その周波数を記憶する。

あなたはこれを知りました。今後どうしますか?

愛の周波数528khzを送る太陽は20161201から調子を狂わせています。そして今太陽の息子の名前を冠する太陽系の彗星が20161216に地球に最接近します。そのサイズは、6500年前に恐竜を滅ぼした隕石の半分の大きさ。地球に影響を及ぼす距離を飛ばないと言われていますが、これと複合的に天体現象が起きたらどうなるでしょう?奇しくも20年前の199712に私は突然無意識が意識を殺し、それ以降なにか反転したかのような人生を生きています。そこに至る原因は一つではありません。後の自己調査で短期に関連のない事柄がほぼ同時期に5つ起こっていたのです。ひとつひとつは大したことではなかったのです。

あなたはなにを考え、今後どのように生きていこうと考えますか?だいたい対消滅が起こります。それは似せた人工的にも、もしかしたら自然的にも。

私はなににもとらわれない状態をお勧めします。そして↓になるものを減らして↑になるものを増やすように心がけます。その際に、自らを最初において考えません。

私はそのようにして過ごしています

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。