iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

転載記事:NSA 機密マインド・コントロール作戦

「NSA 機密マインド・コントロール作戦」



2016年04月20日(水) 18時23分29秒
テーマ:電磁波拷問&電磁波を使った人体実験

「NSA 機密マインド・コントロール作戦」
(「Wayback Machine(インターネットアーカイブ)」に残っていた「Mind Control / Real Modern Horror」というサイトの記事を転載。)

https://web.archive.org/web/20080630161501/http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/NSA_COVERT_MIND_CONTROL_OPERATIONS.htm

Text From:http://mindcontrolforums.com/mindnet/mn195.htm(リンク切れ)
https://web.archive.org/web/20051124165807/http://mindcontrolforums.com/mindnet/mn195.htm

1991年にNSAを相手取って訴訟を起こしたジョン・セント・クレール・アクウェイによるNSAの備えているマインド・コントロール用の設備に纏わる詳説

ジョン・セント・クレール・アクウェイ

1991年12月
----------------------------------------------------------------
ジョン・セント・クレール・アクウェイ
vs
国家安全保障局
メリーランド州、フィート・ジョージ・G・ミード、アメリカ合衆国

民事訴訟 92-0449)



1. NSAの任務及び国内における諜報作戦

○通信諜報(COMINT)

 国防の為の米国及び世界の全ての電子的な通信の受信可能範囲。メリーランド州フィート・ミードのNSAには1960年代初期から世界で最も進歩したコンピューターがある。NSAのテクノロジーは民間組織、学界、そして一般大衆から秘密裏にされたまま開発され、実装されている。

○信号諜報(SIGINT)
 NSAの信号諜報におけるミッションは無線盗聴下に置かれているコンピューター及び追跡中の人物の体内を流れる電流のEMFを解読するプログラムを進化させることである。信号諜報は万物がその中に電流を持っていて周囲にEMF波を放っているという事実を利用する。NSA/DoD(国防総省)は専用の進化したデジタル装置を開発した。それは遠隔地からその中に電気的な活動を有する万物-それが人工物であるか、有機的なものであるかに関わらず-を分析することができる。

○国内の諜報(DOMINT)
 NSAは全アメリカ市民の記録を有している。NSAは50,000人以上のNSAエージェントのうち誰か一人にでも関心を抱いている可能性のあるアメリカ市民の情報を収集している(HUMINT)。諜報員達は行政上の指令によって誰もをスパイする為の権限を持っている。NSAは国防の為に完全な反テロリスト監視ネットワークを有している。この監視ネットワークは完全に偽装され、一般社会から隠されている。

 米国内の個人の追跡はNSAの電子監視ネットワークを使えば簡単に低コストで効率よく実行できる。このネットワーク(DOMINT)は何万ものNSAのスタッフを含む全米国をカバーしている。それは同時に数百万もの人間を追跡することができる。コストパフォーマンスに優れた作戦はコストを最小限にするよう考案されたNSAのコンピュータ・テクノロジーによって支えられている。

 NSAの職員は彼らのコミュニティーにおいて半公的(quasi-public)なポジションで機密の任務、または合法的な任務-諜報コミュニティーに彼らが追跡すること望んだ人物の情報を伝えるという任務-を実行している。コミュニティーに属するNSAのスタッフ達はソーシャル・ワーカー、弁護士、事業の経営者のような人々の個人情報を有している。

個々の一般市民は稀にNSA職員による個人的な目的の為に監視の対象となる

 NSAの職員はNSAの国内諜報ネットワークと機密作戦によって何十万もの人々の生活をコントロールすることができる。こういった活動は時々、法の限界を越えることがある。NSAのスパイによる何万もの市民達に対する長期的なコントロールと破壊活動は現実にあり得ることである。NSAのDOMINTはアメリカ市民を秘密裏に暗殺する能力を持つまたは被験者が精神病と診断されるための機密の心理コントロール作戦を実行している。



2. NSAによる国内の電子サーベイランス・ネットワーク

 1960年代初期の時点で世界で最も進歩したコンピューターはフィート・ミードのNSAにあった。こういったコンピューターの研究と開発はNSAのために続けられた。現在、NSAは最新のコンピュータ・テクノロジーに15年先行するナノ・テクノロジー・コンピューターを有している。

 NSAは進化したコンピューターによってあらゆる情報を獲得している。媒体に関係なくNSAのエージェント及び暗号解読官の関心をひくキー・ワードの使用された全ての通信を調べるためには人工知能が用いられている。これらのコンピューターは送受信されている全ての通信を監視している。こういった米国内における包括的な受信可能範囲はNSAの信号諜報(SIGINT)作戦の産物である。

 NSAの電子的な監視網は全てのEMFスペクトルを監視することのできる装置を細胞様に配置することによる。こういった設備は開発され、実装されている。それは他の電子戦争プログラムと同様、機密にされている。

○信号諜報遠隔コンピューター干渉
NSAは米国内で売られた全てのパソコン及びその他のコンピューターの情報を追跡している。これは国内における諜報網の必要不可欠な一部分である。

NSAのEMF設備は(モニターと電源からの放射をろ過し)パソコンの回路ボードから出るRFの放射をターゲティングすることができる。パソコンの回路板から放出されるRFはPC内のデジタル情報を含んでいる。NSAの設備から放射されるコード化されたRF波はPCの回路に共振し、PC内のデータを改竄することができる。したがってNSAは監視または反テロリスト電子戦争のために国内に存在するあらゆるコンピューターに対して無線を利用した近代的なスタイルによって入力をすることができる。

○監視のための人体のEMFフィールドの探知
 被験者の生物電気フィールドは遠隔地から探知できる。そのために被験者はどこにいても監視される。NSAの暗号解析官は特殊なEMF設備によって遠隔地から(EEGから)喚起されたポテンシャルを読むことができる。これらは人間の脳の状態及び思考を解読することができる。その被験者は遠隔地から完全な形で監視される。

 NSAの職員は信号諜報EMFスキャニング網によってこの国のいかなる人物に対してもダイヤルを合わせることができる。NSAのコンピューターは一日24時間その人物を正確に狙い、追跡する。NSAは米国内にいる誰もを選抜し、追跡することができる。



3. NSAの信号諜報はEMFによる脳刺激を利用している

 NSAは信号諜報は遠隔的な神経の監視(RNM)及び電子的な手段による脳の結合(EBL)のためにEMFによる脳刺激を利用する。EMFによる脳刺激は1950年代初期に実施されたMKウルトラ計画以降に開発された。このプロジェクトの中では放射(非イオン化EMF)の神経病学的な研究及び生物電気の研究開発が行われた。開発された機密テクノロジーは公文書の中では「ラディエーション・インテリジェンス」として分類され、「意図せずに放射された電磁波から得られた情報。それには放射能と核爆発が含まれない」と定義されている。

 信号諜報は実行され、このテクノロジーを米政府による他の電子戦争プログラムと同じやり方によって機密にし続けている。NSAはこのテクノロジーに纏わる入手可能な情報を監視し、一般人による科学的な研究を抑圧している。そこにはまたこのテクノロジーを秘密にし続けるための国際的な諜報条約が存在している。

 NSAは遠隔地から人体内部の電気的な活動を分析する為の専用の電子設備を有している。NSAのコンピューター・ジェネレイテッド・ブレイン・マッピングは連続的に脳内の全ての電気的な活動を監視することができる。NSAは国防のために個々の人間(何十万もの人々)の脳の地図を解読している。EMFによる脳刺激は同時にまた脳とコンピューターを結合する(例えば軍の戦闘機のなかで)べく密かに軍によって使用されている。

 脳の言語センターの電気的な活動は電子的な手段による監視のために言語的な思考に翻訳される。RNMは脳の聴覚皮質にコード化された信号を送ることができる。それは(耳を迂回して)脳に直接、音声を向け、コミュニケーションを可能にする。NSAのスパイは偏執症または精神分裂症に特有の聴覚的な幻覚に見せかけて被験者を衰弱させるべくひそかにこれを用いる。遠隔神経モニタリングは被験者とのいかなる接触もなしに被験者の脳の視覚野の電気的な活動を測定し、被験者の脳内の画像をビデオ・モニター上に表示することができる。NSAのスパイは監視対象の目に映っている映像を見ることができる。視覚的な記憶もまた監視され得る。RNMは目と視覚神経を迂回して画像を直接、送信することができる。NSAのスパイは脳のプログラミングのためにREM睡眠下にある監視対象の脳に画像を挿入するべく秘密裏にこれを使用することができる。

○RNMを用いるNSAスパイの能力
米国には1940年代から信号諜報網が存在した。フィート・ミードのNSAは巨大な双方向無線RNMシステムを配備している。それは被験者を追跡し、非侵略的なやり方で彼らの脳の中にある視聴覚的な情報を監視していた。これは全て被験者との物理的な接触なしになされる。RNMは監視と国内諜報の究極のテクニックである。話し言葉、3D音声、サブリミナル音声は(耳を迂回して)被験者の脳の聴覚皮質に送信され、映像は視覚皮質に送信される。RNMは被験者の知覚、感情、動きを変化させることができる。

言語皮質と聴覚皮質のリンクは諜報コミュニティーのための究極の通信システムになった。RNMは完全なオーディオヴィジュアル・ブレイン・トゥー・ブレイン・リンクもしくは脳-コンピューター間の結合を可能にする。



4. 国家安全保障局の信号諜報の中にある電子的に脳を結合させる技術

 NSAのSIGINTは遠隔地から人間の生物電気フィールドを見つけ、識別し、モニターすることができる。

 NSAの信号諜報は脳の放射する30から50ヘルツ、5ミリワットの電磁波の励起されたポテンシャルをデジタル的に解読することによって遠隔地から非侵略的に人間の脳の中にある情報をモニターするという特別の機能を備えている。

 脳の神経活動は変動する磁束を伴う変動する電気的なパターンを生み出す。この磁束は常に30から50Hz、5ミリワットの電磁(EMF)波を放射する。脳からの電磁波放射に含まれているスパイクとパターンは「励起されたポテンシャル」と呼ばれる。

 脳の中にある全ての思考、リアクション、運動のコマンド、聴覚、視覚的なイメージにはそれぞれに対応する「励起されたポテンシャル」または「喚起されたポテンシャル」のセットがある。脳から出るEMF放射は被験者の脳の中にある現在の思考、映像及び音声として解読できる。

 NSAのSIGINTは通信システムとして諜報員と機密作戦の被験者達(認識されないレベルにある)の脳に情報(神経システムに対するメッセージ)を送信する為に「EMF放射による脳刺激」を用いる。

 EMFによる脳刺激は複雑にコード化され、パルス化された電磁信号を送り、脳の中にポテンシャル(出来事)を励起させることよって機能する。それによって音声及び映像は形成される。EMFによる脳の刺激はまた人の脳の状態を変え、動作に影響を与えることができる。双方向電子脳リンクは遠隔神経視聴覚情報によって果たされる。それは(耳を迂回して)聴覚皮質に音声を送信し、(視覚神経と目を迂回して)ぼんやりした画像を視覚皮質に送信する。その映像は脳内部の宙に浮く二次元画像のように見える。

 双方向電子脳リンクはCIA及びNSAのスタッフの究極的な通信システムとなった。遠隔神経モニタリング(RNM、人間の脳の持つ生物電気的な情報の監視)は究極の監視システムになった。それは米国の諜報コミュニティーに属する限られた人数の諜報員によって使用されている。



5. [原文には見出しがない]

 RNMは特定の脳部位におけるそれぞれの共振周波数の解読を要する。周波数は脳の特定の部位に情報を誘発させるために変調される。

 脳の様々な部位は3Hzから50Hzまでの周波数帯に感応する。NSAの信号諜報はこの周波数帯に信号を変調している。(表1を参照)

 この変調された情報は認識可能なレベルからサブリミナルなレベルまでの様々に異なる強度によって脳に送られる。

 個々の人の脳にはそれぞれに固有の生物電気的な共振/エントレインメント周波数がある。別の人の聴覚皮質の周波数帯で音声情報が送信されるとその情報は被験者によって認識されない。

 原告はフィード・ミードのNSAのキンカム・グループと双方向RNMで接触したことにより、RNMを知った。

 彼らは90年10月から91年5月までの間、原告をハラスするために脳に直接、RNM3D音声を使用した。

 1991年5月現在、彼らは原告と通信するための双方向RNMを有している。彼らは原告を無力化し、原告が当局に彼らの活動を訴えようとするのを妨害する為に過去12年の間、RNMを使用してきた。

 キンカム・グループはフィート・ミードで一日24時間作業をするためにおよそ100人の人を雇用している。彼らはまた原告を継続的に孤立させるために原告と関与のある脳-盗聴用の人々を有している。これは初めて民間人がRNMによってハラスされた実例である。またこれは諜報作戦の技術を誤用しているNSAの職員を相手取った訴訟を提起させた。



6. NSAのテクニックと手段

 ターゲットがどんな場所にいようと、どんな建物の中にいようと国内の何処にいようとも継続的に実行できる遠隔監視及び追跡。

 こういった活動に使用される実行にコストのかからないシステムはNSAがあらゆるコミュニティーに属する数千もの人々を継続的にスパイすることを可能にする。



○遠隔RNM装置

 NSAのRNM設備は人々を追跡するために遠隔地から人間の脳に励起されたポテンシャル(EEG)を読み、彼らの行動に影響を及ぼすべく神経システムにメッセージを送ることができる。

 RNMは電子的に個人を識別し、米国内のいかなる場所においても彼らを追跡できる。この設備はネットワーク上に配備されている。それは国内の諜報活動、政府及び軍の基地の警備のため、それからバイオエレクトリック・ウォーフェアの中で使用されている。



○大都市圏の中のスポッター及び路上の傍観者

 NSAの職員によって機密作戦の為に選抜された被験者達を追跡し、調査するスポッター及び近隣/職場のスパイ(彼らは時に自らの行動を自覚していない)として何万もの人々がそれぞれの地域の中で作業を行っている。

 オフィスの外で作業をしているエージェント達は一般社会の中にいる数千ものNSAの被験者を追跡しているスポッター達と継続的に通信を行っている。

 NSAの諜報員は一般人の中にいるいかなる個人をも(RNMによって)ただちに識別することができる。

○NSAが秘密裏に設置し、管理しているプラスチックの配管による居住用の建物への化学製品及びドラッグの挿入

 NSAは水道水とエアダクトにドラッグ(睡眠ガスまたは洗脳を目的としたドラッグのような)を送りこむための設備を有している。これはCIAによるファーマサイコロジー(心理薬学)の産物である。

○ここで言及された米国による諜報及びアンチ・テロリスト専用の設備に纏わる簡単な概説

 配備された特殊なEMF網はデジタル・コンピューターを利用することによって人間の脳のEEGを読み、人々を識別/追跡できる。コントロールの被験者にはNSAの信号諜報から出されたEMF信号によるESB(脳の電気的な刺激)が使用される。

EMF設備はPCの回路板から出る情報をRF放射の解読によって得ている。それは国内に存在する全てのパソコンに対して無線を利用した近代的なスタイルの浸入を果たすことができる。

 全ての設備は隠蔽され、全てのテクノロジーは機密にされ、全ての科学的な調査は報告されることがなかった(電子戦争に纏わる研究の場合と同様に)。

 公には全く知られていなかったけれどもこういった国内諜報の技術は1980年代初期から存在していた。

----------------------------------------------------------------

表1:EMFによる脳刺激の例

脳の部位      生物電気共振周波数      変調を通して誘発された情報
運動制御皮質     10Hz                  運動インパルスの調整
聴覚皮質        15Hz                  耳を迂回した音声
視覚皮質        25Hz                目を迂回した脳の中の画像
体知覚          9Hz                   触覚的な幻覚
思考の中枢       20Hz                  無意識的な思考の強要
----------------------------------------------------------------

※情報源

 これらの出版物は原告がすでに当局(司法省その他)にNSAのスタッフによる違法行為を報告した後、1991年12月以降に見つけ出されたものである。NSAのスタッフに対していかなる行動も取られない一方で私は下記の出版物に記され、公にされている電気的な監視技術の研究を行った。

・ロバート・ベッカー博士による「ボディー・エレクトリック」:電磁気と生命の基礎。脳内の神経電気的な情報のモニタリング。電磁波。ESB(pp.265、313、318)。

・ロバート・ベッカーによる「クロス・カレンツ」。聴覚的な幻覚のシミュレート(pp.70、78、105、210、216、220、242、299、303)。ロジック・ボードのRF放射を使用した遠隔地からのコンピューターに対する干渉(p.174)。

・ポール・ブローダーによる「カレンツ・オブ・デス」。外部からの電磁波による脳の電気的活動の誘発。磁気的な眼内閃光。デルガド(pp.27,93)。

・ポール・ブローダーによる「アメリカのザッピング」。国防総省による電磁気ESBの研究。聴覚的な幻覚のシミュレート。

・ジョン・H・ヘラーによる「ネズミ、人間、そして分子」1963年。生物電流。電磁波による脳の調査(p.110)。

・ジュディス・フーパーによる「3ポンドの宇宙」。CIAによるEEG研究。サーベイランスの為のEEG。(pp.29、132、137)。

ジョージ・ジョンソンによる「記憶の宮殿の中で」。脳の電磁気放射。解放系の回路としての脳。

・ジェームズ・バムフォードによる「パズルの迷宮」。信号諜報。60年代初期において最も進化したコンピューター。米国諜報コミュニティー。国防アーカイブの用語集。ラディエーション・インテリジェンス(意図せずに放射された電磁エネルギーによる情報。それには放射の出処は除外される)。

・ジョン・マークスによる「マンチュリアン・キャンディデイトを探して」。脳に対する電気的または無線による刺激。バイオエレクトリクスの分野におけるCIAの研究開発(p.227)。

・ジム・ホーガンによる「シークレット・アジェンダ」。国防カルト・グループ。

モートン・ハルパーリンによる「諜報機関の犯罪」秘密裏の入力。役人に対する諜報員の作戦。

・「インテリジェント・マシーンの時代の戦争」。NSAのコンピューターの優秀さ。情報の完全なコントロール

・タイム・ライフ・ブックスの「オルタネート・コンピューター」。分子コンピューター。

・EEGシステム社、リチャード・レスターク博士による「ザ・マインド」脳の電磁気放射の解読。コンピューターによる思考の追跡。

・ローレンス・ゴールトンによる「メドテック」。脳内で生じるイベントの誘発。聴覚皮質に信号を向けること。

・D・S・ハラシー・ジュニアによる「サイボーグ」、1965年。米政府による脳-コンピューターを結合するための研究の契約。

・ハービー・M・ウェインステイン博士、キャメロン博士による「精神医学とCIA:マインド・コントロールの犠牲者」。サイキック・ドライブ。ウルトラ・コンセプチャル・コミュニケーション。

・ゴードン・トーマンによる「狂気への旅程:CIAによる機密マインド・コントロールと医学的な虐待に纏わる真実の物語」。インテリジェンスの研究開発。デルガド。ラジオ・テレメトリーによるサイキック・ドライブ(pp.127、276、116、168-69)。

・アラン・シェフリンとエドワード・M・オプトンによる「マインド・マニピュレーターズ」。情報収集の為に実施されたMKウルトラ計画における脳の研究。

・マヤ・パインズによる「ブレイン・チェンジャーズ」。脳の電磁気放射のリスニング(p.190)。

※追加リソース

・「モダン・バイオエレクトリシティー」電磁波による脳内音声の誘導。国防総省の隠蔽。電磁波によるESB。遠隔EEG。

・サダンス・チョクロバーティによる「臨床神経生理学における磁気刺激」。Magnetophosphenes。視覚野に対する画像の送信。

・ナイジェル・カルダーによる「人間の心」。米国諜報機関における脳の研究。

・神経電気的な社会の為の会議、1971年。電磁波によって脳に直接向けられた音声。二方向の遠隔EEG。

・エリオット・S・ヴァレンステインによる「脳コントロール」。ESB。個人のコントロール

・C・S・ウォーリアによる「21世紀へ向けて」。直接的な脳に対する通信の為の脳刺激(p.21)。

・ロン・マクレー(ジャック・アンダーソンの同僚)による「マインド・ウォー」。脳と脳の間の電子的な通信の研究。遠隔地からの神経電磁気の探知(pp.62、106、136)。

・ルビー・ラッカーによる「マインド・ツール」。脳の盗聴変化する生物磁場による通信(p.82)。

・USニュースとワールド・リポート、1984年1月2日。電磁波による脳の刺激。諜報コミュニティーのハイテク(p.38)。

・イアー・マガジン。自然環境における超低周波ラジオ放射に関する記事。人体からのラジオ放射。

・「シティー・ペーパー」、ワシントンDC、1992年1月17日。FCCとNSAに関する記事。「コンピュータ・ラジオ・スペクトル」。

エドワード・ハッチングス・ジュニアによる「科学のフロンティア」、1958年(p.48)。

・エルマー及びアリス・グリーンによる「フィードバックを越えて」、1977年(p.118)。

・フレッド・アラン・ウルフによる「ボディー・クォンタム」。

・ロバート・ギルモア・マクニールによる「クローニング:生物学者のレポート」。人間のクローニングに纏わる倫理的な批評。

・元諜報員、ウィリアム・ターナーによる「フーバーのFBI」。電子監視作業のルーチン(p.280)。

・アーサーC.クラークによる「2019年7月20日」。リダ。ニューロフォン。脳-コンピューターの接合。

・マイケル・ハッチソンによる「メガブレイン」。電磁波による脳刺激。CIAの研究と情報コントロール(pp.107、108、117、120, 123)。

・セオドア・ロズナックによる「情報カルト」1986年。NSA指令#145。コンピューター内の個人ファイル。コンピューターによって自動化された電話の盗聴。

・「ザ・ボディー・ショップ」1968年。脳から直接、映像を得るための視覚皮質に対する電極の配置。1960年代に実施された目を迂回して脳内部にあるphosphenesを電子的に刺激する為のその他の研究。

・デイビッド・リーガンによる「励起されたポテンシャル」。脳内の神経電気的な情報の解読。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。