iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

超次元医術体験談

別次元に存在がいる

宇宙人ではない

家畜のような虐げられた動物の周波数を嫌っている。

この次元に入ると、悪想念のような低い周波数は、恐らく存在できない。周波数ズレがたまって弾けるように消えてしまう

両踝(くるぶし)後ろ斜め上辺りに、備長炭を当て(靴下にはさむと楽)、はじめは自分で、途中と終盤別次元存在に身体のズレ修正の治療を受けた。何人かの遠隔BMI者が同時に体験したので証言者が多数いる。

最終的には、自らの発するイメージングの周波数の問題なのだろう。

最後私は色々悪いイメージが出てきたような状態になったが(恐れはない)、最後ヨーロッパのゲーム会社がPSVITA向けに作成した「flower」のイメージが現れ、花びらが草原を駆け抜けるイメージを持った状態で治癒が終了した。

身体ズレ調整中、周波数ズレで体が弾けるように振動するときがあるが、それは良くなっている印である。また、短い背もたれの椅子に座っていたのだが、途中体が自動で後ろに倒れ、絶妙なバランスで維持されることもあった。

私は、1998/03-04あたりから歯の噛み合わせがズレ、身体が不調な状態が続いていた。それが改善されて本当に嬉しく思う

また、この超次元だが、恐らく自分で乗り越えた人しか入れない。

それは、自らの意志で家畜を食するのを止めることを決断したりとか、自分を犠牲にしてでも誰かのために行っている人などが入れるのだと思われる。

これは、2004年前期に全て捨ててウメムラを助けに行ったとき、今回の201612からの流れの中での自分のあり方などからかいまみられる。

このような時に、超次元の周波数と接点を持つ、または調和するのだと思われた。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。