iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

研究者とおぼしき人に

「ロボットと生命体(人間)どちらがすごい?」

と尋ねると、決まって

「生命体(人間)」

と、返事が返ってくる。

結局、サイボーグ(遠隔脳干渉)だのなんだの言っているのは、

「生命体の機能抑制」

に過ぎない。

これは、西洋医術(戦争医療)が、毒ガスなどの軍事兵器開発が元になって、「薬(人体機能抑制による症状抑制。つまり根本治癒ではない)」を転用発展しているところからも理解できる。

ワクチンもその一種。

開発したのだから、使って(短期)利益を出せと、資本元または株主からせっつかれるからなのだ

言いたいことは、衛星からの脳干渉による全ては、勘違いした誰か(勘違いさせ、後から本性を見せるシステム)による「新しい世界」などではなく、

生命体として様々指示を出す脳を誤認させ、代わりにコンピューターから指示をだし、人間を本当のことがわからない妄想状態におき、自分達に都合のよいようにいつでもコントロールできる状態にいつの間にかおきたい。そこに主眼があるものなのである。

近代の某欧米著名医者が、「人間はなにか気体で動いているのではなく、機械と同じなのだ」

としたことが、現代の間違えた欧米医療の出発点となった。

人含め全ては、普通にしていれば、自然治癒するのである。恐らく現代の電磁波環境が自然治癒を更に遅くさせている。一度自らの波を整えてみたらよい。

また、ここに色々書くと、読んだ人に攻撃してよいとうV2K連中の身勝手な内部規律があるようなので、気になることは自分で深めること。簡単に手に入るものってそれなり。

「身勝手」は自分で気がつきにくい得意分野優先状態時によく生じやすく、その状態を一部肯定する者がいるため、そこに逃げ込むと今後潜在的なドツボに入りうる。

俺の例で言えば、「なぜ笑いに持ち込んでいけないんだ?」なのである。

自分で向き合ってください

---

私見だが、

文脈が違うなか、わざわざなぞった上での、安倍首相への脳乗っ取りは、即刻完全解除すること

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。