iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

言葉を読み解く「イスラエル」

「イスラエル」という名前は「神と戦うもの」という意味 : もっとちゃんと知りたい!美しい絵画でおさらい【旧約聖書】 - NAVER まとめ

 

◆ 「イスラ(=戦う)」「エル(=神)」 - 愚者の侃々諤々 (´▽`)ノ

 

聖書によると、「イスラエル」とは、「神と戦う」という意味があ... - Yahoo!知恵袋

 

「イスラエルישראל=神と戦う者」 | ☆創世記の新解釈☆ シュメール・ギリシャ神話による考察

上記踏まえ、橋浦満広の解釈では、旧約聖書は約千年間にわたる伝承などの集積体であり、もともとユダヤ教一神教ではなく多神教であり、そこから部族神崇拝に変化し、現代のような一神教に変化していった宗教である。社会的血縁的には母系制社会であり、現代ではユダヤ教に改宗した者をユダヤと呼んでいるように変化した。また各地に分散して住んでいることが特徴でもある。その宗教が自らの国家を「イスラエル」と呼んでいる。一説では、ヤコブが暗闇の中で神(?)と戦った神から「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」と言われたからその名をつけたという説がある。しかし、ご存知のように、その言語的に古代ヘブライ語は他解釈・裏の意味・本当の意味が付随しており、もし現代に生きる宗教者が「イスラ(=戦う)」「エル(=神)」 として、「神と戦う者=サタン=ルシファー」として自らを解釈している者がいるのであれば、それは自分たちに都合よく解釈したものだとしか言いようがない。先祖が泣く。そもそも旧約聖書は、一神教でさえなく、部族の知恵・経験などを集積した古代の直感的な書物=それは後世に残すべき祖先の厳選した知性の賜物だと思われるからだ。どこで勘違いしたのか聞きたい。それともあなたたちは、自らをルル(アダム=土から作られたもの、またはシュメール時代に遺伝子操作されたサル)だとでも勘違いし、それと関係がありそうな日本(スメル=ユダヤの末裔)やイラン(シュメール=メソポタミアエリア)を神との戦闘と勘違いして第三次世界大戦でも起こそうと勘違いしたのか?であるならば、あなたがたは文字記録を読めていないことになる。理解できない文字は読んではいけない。自らを映しこむだけだからだ。囚われからすべて抜け出し、導かれてみればいい。導くものそれは神ではない。自分自身だ。その複合的意味にもうすぐ気が付ける。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。