iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

骨 すべては電磁波がらみで考える

 


眼鏡(酸化チタンでマルチコーティング)されているものを、装着してから激しく、頭蓋骨再設計をされるようになった。

その前提として腰骨→背骨→首→頭蓋骨(腰や背を省略してくる場合もある)への主にわっか上昇のような振動による、(おそらく)骨内部の海綿骨を頭蓋骨や首に送り込まれる。目的はV2Kなどの電磁波受信のアンテナとするためである。

眼鏡をはずせば、その強度および速度は遅くなる。つまり強誘電体であるチタンが電磁波を引き寄せ、その身体周囲の電磁力=遠隔からの操作を効率化させていると推察される。つまり電磁力が強いほど、進行は早くなる。また床振動や環境中の振動にハーモナイズ(周波数同調)して、あたかも触られているかのような感覚を脳に送信してくることがある。しかし、振動は振動であり、二点で挟めば、そのポイントの振動は止められることに変わりはない。

また、衛星から脳へ指向性電磁波を送られ、脳からの電気的な反射をソナー的反射で衛星にフィードバックされ、送受信を可能にされている。電磁波は光の速さである。その中間に置かれる機器、並びに脳から身体外部への電気信号の物理的距離で、脳で感覚するの基本的体感速度限界が決定される。ゆえに近距離にある頭蓋骨をアンテナとしたいのである。頭蓋骨には個別性もある。
ここで考えるべきは、脳からソナー反射される脳電気信号だ。ここは電気であることには変わりない。ゆえにゴムで囲むことは性質的に有効な対処方法となる。実際、脳頭頂部をゴムで覆うことで、通称タケコプター=脳電気信号ソナー反射を防御できることは実証済みであり、情報を取られたくない人は、まず頭をゴムで囲むとよいだろう。一度試してみてはいかがだろうか?先日おすすめした、耐震用のゴムででも・・・(床振動を止められることは、別手法で対策されても、効果があることには変わりがないので、そういうものは売らずに保持するべきである)


電磁波による骨のゆがみが急増中
https://diamond.jp/articles/-/7614

骨はカルシウムを使って電磁波を情報伝達する。シグナル分子もメッセージ物質も全て「波長」
http://media.primaveratokyo.net/gp-health-of-truth-7/

平成18年度 総務省作成による「電波ばく露による生物学的影響に関する評価試験及び調査 平成17年度研究報告書」
http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/ele/body/report/pdf/16.pdf
→国は事前に電磁波の長期暴露による被害を認識した上で、欧米日による電磁波による「恐怖送信」を行っているのである。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。