iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

オランダはイギリス王室と姻戚関係

イギリスは、北欧から海賊バイキングが侵入したイングランドを中心とした連邦。スコットランドの独立騒ぎや、自分で決定できないEUからの離脱がニュースで目新しいところ。元海賊だけに、侵略などの行為を価値軸に置いてある。乗っ取りユダヤが王家に血筋を持っている。西欧は国エリア図が歴史的に散り散り乱れているので、その王族血筋はそれほど長く遡れない

大英帝国

イギリス

オランダ

オーストラリア

(インド)

アメリカ)

旧約聖書の神との土地の約束通りユダヤの本拠地とされようとしてきたイスラエルは、なぜここのニューロフォン上であまりみかけないのか。

ニューロフォン人物いわく

イスラエルは壊すだけ壊すから」だそうだ

「イギリス系は壊してコントロールする」のだそうだ

納得

えー、イエスズ会の時代からの、知らぬ間のヨーロッパへの奴隷輸出の件ですね。豊臣秀吉が止めましたけど。国連世界遺産判断団体は、これを俺のブログでみてからなのか、天草四郎周辺を世界遺産に突然指名しましたけれどね。天草四郎は信じている宗教が別な組織に利用された人身売買侵略者だと分かっていなかったのでしょう。祭り上げられた若い優男といって過言ではないでしょう

311の件が目新しいですな。福島原発のセキュリティはイスラエル担当で、よくわからないものが敷地内に設置されていた。答えからいうなら「スタックスネット」というイラクかイランに仕掛けられていたコンピューターウイルスのようなプログラムを福島原発に仕掛けられていた模様。それが原因でセキュリティストップ。スタックスネットを知らなくても、原発の現場を知る現場担当は311当時に存在を消された模様

これをなぞってニューロフォン参加者に存在を消されたなどなにか起こったら、そこはいかれたナゾリカルトであるとの証明で、もう誰も二度と参加しないことでしょう。

イスラエルが壊すだけ壊すのは、イギリス起因とも言われる周波数パンドラプロジェクトを第一に浴びてそうなエリアだからでしょうか?元々ユダヤパレスチナ地域に戻る際に、このような土地を奪うかのようなあり方を求めていなかったわけですから

狂ったシオニズムをいつのまにか変貌推進させたのは一体誰でしょうかね

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。