iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

飯食べたあとや、家に帰ったあと、仕事中に意識落としをし、その間コンピューターか誰かが自分達に都合よくなるようなことを勝手に喋っている

他に、リラックス状態(インナーマッスルが緊張していない状態)時に、コンピューターが身体改造を自動的に再開する。現在は非常にわかりずらい状態の人が多い模様。主要骨と膝など関節、及び主要ツボを利用し、その間を電磁波で固くなるCaイオンで情報やりとりしていると考えたら良い

また、一番最初から誤認感覚を与えられている人が多数いるようなので、水素風呂や身体周波数などをきちんと整えるか、電磁波を浴びない環境で自らを基本の状態にしてから新しいことを確かめるべき。

あなたを怒らせたり、こうふんじょうたいにさせて、細胞膜起電をまずさせたいようなので、聞こえてくるものがなんだろうが誰だろうが反応しないのが基本である。虚実入り乱れ、意味がないのだから。振り回されたくありません。そんなにその人のこと知りたいですか?

あと、偽心臓は、あばらの間になにもないことを示すために指で触るなどすれば即消えます。他の偽身体感覚も、その箇所を触るなど身体周波数を一時的に変えれば済む話です。中途半端な技術群なので、止めても笑ったり揶揄しなければいいのです。簡単に言えば、効いているように誤認させているだけ。このサイボーグにされたかのような偽感覚群は自分が無力だと思わせられていることに土台があります

また勝手に自分の情報みたいなのを喋っているアバターは、恐らく既に取得した脳情報をオフラインで喋っているだけでしょう。それらはあなたのなんらかの自白に該当するものを与えない限り、本当の意味は他人には分からないものです。あなたが気にしているだけです。基本的に誰もがするものは気にする必要がありません。感情的反応をする人ばかりがダシにされるのだから

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。