iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

記事転載:竹中平蔵は米韓FTA締結を主導した元ブレーン。韓国セウォル号の問題の発端も彼にあった。

http://rapt-neo.com/?p=11070

 

 

 竹中平蔵は米韓FTA締結を主導した元ブレーン。韓国セウォル号の問題の発端も彼にあった。

20120314004 

韓国セウォル号の沈没事故については、韓国のいびつな体質が露わになり、韓国政府の対応がひどく問題視されました。
 
これを見たネトウヨの皆さんは、韓国のことを嘲笑いながら、日本がいかに優秀な国家であるかを誇らしげにネット上で語っておられましたが、もしかしたら笑っていられるのも今のうちかも知れません。日本もいずれ韓国のような三流国家に成り下がってしまう可能性が出てきたのです。
 
というのも、竹中平蔵氏が韓国元大統領の李明博氏のブレーンとして深く関わりがあったことを、幸福の科学三橋貴明氏がラジオで明かされたのです。今や韓国は、米韓FTAによってアメリカに食い物にされ、破綻寸前の状態にあるわけですが、韓国をそこまで追い詰めてしまった黒幕が実は竹中平蔵だったというわけです。
 
なんともまあ、呆れた話です。竹中平蔵は先ず韓国を実験台として使い、一つの国家の経済をアメリカの金融ユダヤ人に売り渡せばどんな結果になるのか、その経過をじっくりと観察していたのかも知れません。そして、それはまずまずの結果をもたらした。韓国の富はきちんとアメリカの手に渡り、韓国経済は見事にボロボロ。治安は悪化し、人々は生活苦のために次々と自殺。よしよし、これは日本でも使える。とのことで、アメリカの金融ユダヤ人にその功績を讃えられ、この日本国でも産業競争力会議なるものの一員として参加し、日本の経済をいじり倒す役回りを与えられたのでしょう。
 
その結果、皆さんもご存じの通り、売国政策のオンパレード。日本の富をアメリカに貢げるだけ貢いでおられます。さらには自分が会長として就任しているパソナにもジャブジャブと税金を投入し、まさに好き勝手のし放題。にもかかわらず、まるで自分が日本の救世主であるかのような顔をされておられるのだから、どんな詐欺師もこの人の前では頭が上がらないのではないでしょうか。
 
とりあえず、幸福の科学三橋貴明さんが、竹中平蔵について語られた内容をご紹介しておきます。
 
 
(以下、中国・韓国・在日崩壊ニュースより転載)
 
竹中平蔵氏は李明博韓国元大統領のブレーンだった」 経済評論家の三橋貴明氏がラジオ番組で明かす
 
4日放送の「おはよう寺ちゃん 活動中」(文化放送)の「ニュース目玉焼き」コーナーで、経済評論家の三橋貴明氏が竹中平蔵氏は韓国元大統領の李明博氏のブレーンとして深く関わりがあったことを明かした。
 
韓国では朴槿恵(パク・クネ)政権に対する中間評価とも位置づけられる統一地方選の投開票が4日に行われることについて寺島尚正アナウンサーが触れ、「世論調査によるとソウルでは野党有利、与党が強いと言われている釜山でも与党の苦戦が伝えられている」と朴槿恵政権の実情を話す。ところが韓国では保守系与党の不利が伝えられると保守系有権者の危機のバネが働く。2012年の大統領選でも高い投票率で野党有利が伝えられられた後に情勢がひっくり返ったことがあることを伝えた。
 
そして、この朴槿恵政権の不利は「旅客線沈没事故の影響がある感じがする」と語ると、三橋氏は次のように説明した。「セウォル号の問題って結構深くってですね、前も言ったかもしれませんが船長さんが一年間の短期雇用契約だったりとかして契約社員なんですよね。正社員じゃなかったんですね。クルーもほとんど契約社員だったりとか」と運営会社の問題について触れた。さらに「救助の時にですね民間の救助会社を優先しようとして、海軍が救援活動に入れなかったとかですね、ちょっと信じられないような、政治的なあるいは制度的な問題が露呈しちゃったんで」と問題点を指摘した。
 
続けて「でもまあ、朴槿恵さんのせいじゃないですよ。李明博(イ・ミョンバク)さんなんですよ。そういうのをやっちゃったのは。ただ(朴槿恵さんは)それの後継なのは確かなので不利ですね」と、与党への逆風の要因を説明した。
 
寺島アナは「李明博政権のときにそれをやったというのはグローバル化」と補足すると、三橋氏は「構造改革」とそれをまとめ、興味深い発言をする。
 
「ちなみに竹中さんはブレーンで入ってましたよ李明博さんのとこに。竹中さんがやったって言ってませんからね。ブレーンとして入ってましたってのはこれは事実」と竹中氏と李明博元大統領との深い関係について述べた。
 
これを受けて寺島アナは竹中氏について「国際的に活躍を活躍をされてる方で…」と語ると、三橋氏は笑いながら「好意的な言い方をしたらそうですけどね」と意味深な言葉で締めくくった。
 
(転載ここまで)
 
 
韓国が堕ちるところまで堕ちてしまったのは日本人のせいだった……とは、やはり日本人として恥ずべきことです。言ってみれば、日本の詐欺師がアメリカの詐欺師のための手伝いをしたわけですから。これは絶対に許されることではありません。
 
それにしても、他国の経済をこれほどまでボロボロにしておきながら、今度は自国の中枢で国家の経済についてあれこれと偉そうに語り、次々と売国政策を作っているという現実。これはもう「異常」というより他ありません。……本当、事実は小説よりも奇なりです。
 
ちなみに、こんなことをうっかり暴露してしまった三橋さん。あなたも同じ穴のムジナだということは分かっているのです。もしあなたが仲間を裏切ってこんなことを暴露したのだとしたら、あなたの身に何が起きるか分かりませんよ。大丈夫ですか。
 
【関連記事】
 
竹中平蔵がパソナに300億の税金を流し込む。驚くべき利己的経済政策。
 
日本政府は中国共産党以下。自分たちさえよければそれでいい。
 
小泉・竹中改革下で起きた幾つもの暗殺・冤罪事件。日本はもう法治国家ではない。
 
小泉政権が行ったB層攻略マーケティング。その極秘資料を入手。
 
竹中平蔵による国家的犯罪。史上空前の売国政策。
 
「ヒラ社員も残業代ゼロ」パソナ会長・竹中平蔵がまたも国民を地獄に突き落とす。
 
渦中のパソナ会長・竹中平蔵が、「消費者のため」と称してユダヤ金融資本の売る毒物を規制緩和。
 

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。