iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

加害されていれば、大抵の場合、違和感を感じます。しかし、人によっては気がつきにくいかもしれません。問題は、いつの間にか侵食が終わっていて、後の祭りどうにも対応できないようになる場合です。また、ターゲットを通されたハーモナイズ転送かどうかは加害者でないとはっきりわかりません。問題はハーモナイズかどうかでなく、いつでも知らない間に好き勝手にされることです。あなたが常日頃良い行いをしているかは加害者側で問題にしていません。常に自らに都合が良いかどうかに過ぎないのです。なんでもやれる層になると、芸能人だろうと政治家だろうとなんだろうと制限ありません。パスワード制限など意味ありません。また良い行いをしているほどNWOなどからの加害対象となる傾向にあるようです。

そもそも日本において1998年には東京からみた北北東から特定周波数の電波が飛ばされていた記録が残っています。個人的体験でもおかしな体験記憶があります(ブログに記載済み)。当時は、浮浪者や精神障害者によくある周波数帯域に政治家のオフレコ発言などを乗せ、それにハーモナイズした上記人物群が言葉として出していたようです。なぜそれらの人物群が狙われていたかは、なにを喋っても信じてもらえない層だからだそうです。試していたか遊んでいたんですね。

2008から2016まで橋浦の周りでも、見知らぬそのタイブの人が、突然ほのめかしたり喋りかけてきたことがよくありました。しかし、それらの人の全てが連中にコントロールされている人ではないようです。色々存在しているのかもしれませんね。

加害者側で古くから既に認識している公害行為なので、訴訟するのもひとつです。

被害が酷くならないように、自ら対処を覚えるべきです。対処できないと思考コントロールされたり、意識薄弱にされたり、身体攻撃をされて法廷でも役に立たなくされますからね。

なにでされているか

生体電流と交流磁場、つまり電磁波です

脳を経由し、

身体含んだ物質の 粒子と波動性質の 波動側面からあなたを周波数コントロールしようとしています。それがBMIテレポーテーションによる加害の現状とみてよいでしょう。悪質な周波数帯にあなたを振動させチューニングして、さも近くから人体実験しているように脳認識させ身体に影響を及ぼしてくるのです。

いつのまにか頭部などがボゴボコしているようなら、その起伏で電磁波着信のアンテナにされているといえるでしょう

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。