iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

古代は、身体部位にあった周波数を音叉などで与えるだけで、症状を回復できたと言われる。エジプトのピラミッドにも記載がある

 

 

電磁波などが飛び交い、変な周波数を帯びたり冷凍で振動が止まった食を摂取しがちな現代は、昔より症状がわかりずらく回復しにくいと言われる

 

 

周波数とは量子力学アインシュタインが有名)で言うエネルギー=波の側面のことであり(物質は粒子と波の二面を同時にもつ。ニュートン時代の科学は粒子側に焦点を当てた古典科学と呼ぶ)、身体部位がもつそれぞれの基本周波数を音叉などで当てることで、正常な動作をするように波=エネルギーの側面から細胞を調整することができる(サイボーグ化など衛星指向兵器で狙われていると、コンピューターにコピーされ打ち消し無意味化される)

 

―――

「周波数調整」と「酸化と還元を示す電子の移動」で、万性病は解決しやすと言われる。

 

人体を機械とみなした現代西欧医学は、万性病が苦手。戦争医療である外科が得意。

 

望遠鏡と顕微鏡の世界において、ある範囲内だけの倍率の世界の動きだけを最近までの医療は対象としてきたんだね。封じられただけともいいますが。いつもの「お金持ちになりたいんでしょ」にみんな賛同してしまうため。利権

 

 

 

 

それだけ

 

 

 

 

だから、フラクタル形成する五感を越えた見えない世界を信じることが大事なんだ。常識は真実ではない

 

 

 

しかし、こんな、ヒトラーの呪いの影響を受けた技術をゾンビにさせられた裏側ユダヤ戦勝国は使用して(書籍参照)、ヒトラーが既技術を把握した状態で夢見た(偽予言した)電磁波コントロールされた世界の実現では、疑いを知らない人は皆誤認させられてしまう。自分を信じられて、積極的行動をする人ほど罠にはまってしまうのである

 

 

俺は、1997/12に死んでから、自らの五感も生きていることさえも疑って生きてきた。また2006年秋からの圧力下でずっと生きていた。

 

そういうことである

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。