iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

アメリカは2017年くらいから内乱状態にあると言われる

シカゴに国連の部隊が駐留している。アメリカは主権国家にも関わらず

シカゴの人口構成比を見ると、「連中」が何者かわかってくるような気がしてくる

それはニューヨークに近いとも言えるかもしれない

エジプト王朝を一時期支配し国際都市を形成したヒクソスが頭によぎる。当時奴隷とされたユダヤは優秀な石大工(メーソン)として連れていかれた可能性がある。現代の最新科学で証明されたのだが、特定の周波数で石を浮遊させることができるらしい

西暦0-300年は宗教的にグノーシスなどが隆盛を極めていた時期で、キリスト教が正式に確立したのが西暦400年といわれる

飛鳥時代以降

日本のあらゆるところに、通常ではあり得ない大きな加工石があり、現代技術でもこうは切れないものがたくさん作られた。特定の周波数を使うとこのようにレーザーで切ったようにも石を切断できるらしい

エジプトの「墓」であるピラミッドは、アフリカ大陸にあるのでオリオン系列とされる

オリオンに与えられたものはアフリカ大陸だけだったが、それを裏切ってユーラシアまで侵食してきた

このような裏切りが、ノアに対するハムや、火星でのあり方(ペガサスプロジェクト)など様々な裏切りの縁起となってフラクタル渦螺旋を形成し、形を変えながら繰り返し、いまだ抜け出せないまま子孫に罪を押し付けているとみてとれる。それをなんの説明もないまま書き残しているのが旧約聖書ではないか?と私は考える

自分の生まれる前まで遡ってもどこにも原因はない場合もあるかもしれない。

すべての因縁を断ち切れるのは、今ここにいる自ら=形を変えながら繰り返す全てをそのまま自らのこととして受け入れる だけだと思われる。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。