iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





意識が認識するまで0.3秒が必要。この時間差を利用してあなたに往復命令を送信してくる

脳研究的には、この時間内に自らの意思みたいなのを反映させられうるから自由意思は存在するとみる者もいる。0.3秒以内にあなたがなにもできないなら、あなたは運命または人工機械にコントロールされるだけのものと解釈されてしまいうる。

現在は、上記のためか、ターゲットのよくあるパターンをコンピューターが推測し、タイミングよくあなたの脳にみなし言葉当てはめをする先制攻撃が主となっている。こちらが考えた起点(の脳シグナル)を元に送信してくるのだ

しかし、これは欧米圏の結論を最初に持ってくる文脈だから意味を成しうるのである。結論を最後に持ってくる日本語などの文脈では、最後まで決定しない状態(自由意思)を保てるので、脳シグナルは最初の起点にしか過ぎない。

善意者の結論をきく前に、先制攻撃ばかりしてくるので、攻撃者は現在損ばかりしている。

故に最後まで話を聞くスタイルが、加害側でもしはじめるようになりつつある。

結論をはじめに持ってくる言語の人は「その方が生存確率が高くなるからだ」と言う。

しかし、このように距離が離れていても攻撃が成り立つ場合、「なにも判断しないみなし攻撃で結果全体的に見て損を生じさせるより、最後まで話を聞いても被害が生じる可能性がほぼないのであればより有益、またはあるべきあり方でいられる」ととらえるのではないか?意思のパワーが量子的に動く世界では特に。

微生物に攻撃し怒らせて、呪われたようなことが起こった人が以前から多数いるそうだ。スパコンの加害者側の話/データから。微生物は量子的にみて、光よりも早く宇宙の端から端まで(意思エネルギー?)を届かせられるそうだ。小さい子供のエネルギーやあり方も近いそうだ

でここまできて思ったことが、様々電磁防御TOPレベルだな古代からの日本文化のあり方は、ということ。食べ物から神社から諸々。

古代文明をおもんばかりました

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?