iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

オールリセット後(それは先日橋浦から全体に発し、ドイツなどヨーロッパでも変動数値確認され、体感的になにか行われているのかと感じたさせたもの(でも一気にやれる))

コンピューターにデータが残った状態での初期値で言えば、複写路(コンピューター上の仮想のあなた)になした攻撃は、電磁波であなた本体に届けられるが、あなたが(特に金属などの異物)で該当箇所を触ったりしなければ、脳感覚するがそれはあなたの脳とコピーされた脳マッブがリンクしていない状態。つまり現実化しえないのである。あなたが触った瞬間脳マップと結びつけられ、以降触れば障るほど強化される。またあなたは生きているので常に変わりうる。さらにコンピューター的にあまり利用されない項目は、後回しされるため、あなたが反応しなければ、優先順位が変わる。常に自己優先で自らのことしか考えられない人は、範疇は自らだけなので、変わる可能性が少ない。更に普段から他者へ所属社会基礎観念を押し付ける人は、コントロールが容易な上、自己生存優先にし、他者へ向けた言葉が自らへ降りかかる。

俺から言わせれば、「内側」もいいところだ

また、真面目にきちんとした対策ばかりを常になす人は、ハマれば強いが、総じてそれが弱点と化す。予想できることなど、ひがの差やコンピューター本質を考えれば、人間は不利なのだ。

コンピューターの弱点は、一言で言えば、「意味を一切理解できない」こと。つまり誰かの事前指示で構成されたパターンマッチングプログラミングか、人(と加害者)のハイブリッド構成を成してくるのである。

これがなにを意味するのか?

簡単に言えば、意識を失った人間に責任を問えないのと同じように、道具としてのAI(コンピューター)の責任ではなく、それを設置し運用し操作命令を為した人間の責任となる。またこの全てを設計し、善意の人間まで騙し巻き込み虚偽で「後戻りできない一方通行」と偽の時間観念historyをいまだに押し付けるそんざいにある。

四次元とは、「今という瞬間に過去も現在も未来も存在し、現在の行動で過去現在未来が変わる存在確率でも現さられる渦螺旋である。」

そのあなたの電磁的刻印は、自らを輪廻渦に引き戻すので、さっさと本当の意味での昇華をなす必要がある。人工物の影響は全て消え去る。自ら捨てないなら、古代と同じように大きく消滅するだけだ。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。