iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





グルタミン

発芽種子や小麦に多い。人体内では、腎臓でグルタミン酸アンモニアから生成され、骨筋肉に貯蔵される。ストレスや急激な運動があると、体内生成量では追い付かず、外部摂取が必要になる。

グルタミン酸

アミノ酸の一種。L-グルタミン酸は、穀類(特に小麦や大豆のタンパク質中)に多く存在。またパンやマカロニに使われる強力粉に多く存在する。グルタミン酸神経伝達物質として機能。脳内で生じたアンモニアの解毒に必要で、アンモニアと結合してグルタミンになる。

グルタミン酸塩(ソーダ

小麦グルテンや大豆アミノ酸たんぱく質加水分解または発酵から得られたグルタミン酸をアルカリ処理して製造する。

昆布の旨味成分=科学調味料=うまみ調味料=アミノ酸(調味料)

L体のグルタミン酸塩は神経伝達物質として機能。

グルテン

小麦や大豆から抽出したたんぱく質の混合物。これを加水分解して得られるアミノ酸にはグルタミン酸が多く存在する。麩や人造肉、かまぼこなどの練り物の原料となる。

話は飛ぶが、脳内でごく少量でもアンモニアが精製されるのであれば、具象顕現やイメージの現実化などにもつながる脳内の気体にアンモニアが含まれることになる。

それが水と塩とアンモニアとなにかで、身体損傷がなければ死後かなり経っても、それらで生命が息を吹き返す確率が高いあの現象(名前忘れた。偽物とされている)と関係性をもって見えてくる。

グルタミン酸摂取を減らせば、脳内で生じたアンモニアの解毒が少なくなり、結果、脳内のアンモニア残留値が通常より高くなり、あのようなイメージ具現化現象惹き起こし確率が高くなるのかもしれない。六角形みたいなものなのかもしれない。

バカが俺に人体実験を試してこようとするが、そもそも誰一人そういう発想がない。機材があるだけで、過剰にアンモニアBMIに入れ試そうとする。グルタミン酸を摂取しないでいるだけで済む話なのに。

簡単な話、俺や誰かに試したら、成功した場合、橋浦が実行者及びすべてを鈍い殺すだけの話。他人に負荷を押し付けるとはそういうことだ。やり口を間違えるバカがすべての最初でそういうミスをする。2016/12後半、単に友好な気持ちで、離散ユダヤの証明の証であるメノラー(フラクタルの証)を掲げたら「政府にお前のコピーをおいてやる」と突然ほざいたロスチャイルドの本物か偽物か分からない愚か者がいた。そのあとは、常に「ユダヤの末裔」で攻撃ばかりを仕掛けられた。昨日、イギリスロスチャイルドと近いオーストラリアがユダヤの末裔という表現に違和感を感じてきていたことを表明している。

この本格的な電磁波干渉のはじまるきっかけが、2015/10/04-06であるならば…

コンピューター排出

「裏切り者にはポエムを与える」

どうやらそういうことらしい

そうすると数ヵ月前の、聖書における ユダヤが子孫に罪を被せた記載の削除の件

つまり聖書はそもそも長大な巻物で、現代の聖書はその一部を抜粋したに過ぎない。その配置も時間軸を無視しており、単に最後に配置されたヨハネの黙示録の最後の一文が、本来ヨハネの黙示録単品にかかっているに過ぎないのに、時の協会が、聖書の権威を高めるためなのか、聖書全体を一切改変したり付け加えてはいけないように見える構成にした。ヨハネは黙示録の性格上、未来の子孫(西暦2000年代つまり今の私たちに特に伝えたかった)にきちんと伝えるために黙示録の文章を省いたり追加を禁止する一文を入れた。ここからみても聖書全体にかかっていないことが読み取れる。

つまり、過去によって、現在も未来も規定されるわけではないのだ。

これは現在の電磁波による脳コピーにからくる記憶再現、リフレインにもつながる話なのだ。私たちは常に変わっているのである。過去の行為や祖先の過ちに永遠に呪縛される必要などないのだ。

故にその話を(ヨーロッパ)ユダヤ(と思われる者)と話をしていたら、何者かがバーチャル上で俺の頭を突然撃ち抜いた。そのとき、何故かブッシ○を思い出した!

どうやら、聖書のそういう記載を消されることを拒む連中がいる。

本当のユダヤと関係なく進んだシオニズムなど様々考えることはあるが、関係ある個々人どう考えるのか聞きたいところである

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?