iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

グルタミン

発芽種子や小麦に多い。人体内では、腎臓でグルタミン酸アンモニアから生成され、骨筋肉に貯蔵される。ストレスや急激な運動があると、体内生成量では追い付かず、外部摂取が必要になる。

グルタミン酸

アミノ酸の一種。L-グルタミン酸は、穀類(特に小麦や大豆のタンパク質中)に多く存在。またパンやマカロニに使われる強力粉に多く存在する。グルタミン酸神経伝達物質として機能。脳内で生じたアンモニアの解毒に必要で、アンモニアと結合してグルタミンになる。

グルタミン酸塩(ソーダ

小麦グルテンや大豆アミノ酸たんぱく質加水分解または発酵から得られたグルタミン酸をアルカリ処理して製造する。

昆布の旨味成分=科学調味料=うまみ調味料=アミノ酸(調味料)

L体のグルタミン酸塩は神経伝達物質として機能。

グルテン

小麦や大豆から抽出したたんぱく質の混合物。これを加水分解して得られるアミノ酸にはグルタミン酸が多く存在する。麩や人造肉、かまぼこなどの練り物の原料となる。

話は飛ぶが、脳内でごく少量でもアンモニアが精製されるのであれば、具象顕現やイメージの現実化などにもつながる脳内の気体にアンモニアが含まれることになる。

それが水と塩とアンモニアとなにかで、身体損傷がなければ死後かなり経っても、それらで生命が息を吹き返す確率が高いあの現象(名前忘れた。偽物とされている)と関係性をもって見えてくる。

グルタミン酸摂取を減らせば、脳内で生じたアンモニアの解毒が少なくなり、結果、脳内のアンモニア残留値が通常より高くなり、あのようなイメージ具現化現象惹き起こし確率が高くなるのかもしれない。六角形みたいなものなのかもしれない。

バカが俺に人体実験を試してこようとするが、そもそも誰一人そういう発想がない。機材があるだけで、過剰にアンモニアBMIに入れ試そうとする。グルタミン酸を摂取しないでいるだけで済む話なのに。

簡単な話、俺や誰かに試したら、成功した場合、橋浦が実行者及びすべてを鈍い殺すだけの話。他人に負荷を押し付けるとはそういうことだ。やり口を間違えるバカがすべての最初でそういうミスをする。2016/12後半、単に友好な気持ちで、離散ユダヤの証明の証であるメノラー(フラクタルの証)を掲げたら「政府にお前のコピーをおいてやる」と突然ほざいたロスチャイルドの本物か偽物か分からない愚か者がいた。そのあとは、常に「ユダヤの末裔」で攻撃ばかりを仕掛けられた。昨日、イギリスロスチャイルドと近いオーストラリアがユダヤの末裔という表現に違和感を感じてきていたことを表明している。

この本格的な電磁波干渉のはじまるきっかけが、2015/10/04-06であるならば…

コンピューター排出

「裏切り者にはポエムを与える」

どうやらそういうことらしい

そうすると数ヵ月前の、聖書における ユダヤが子孫に罪を被せた記載の削除の件

つまり聖書はそもそも長大な巻物で、現代の聖書はその一部を抜粋したに過ぎない。その配置も時間軸を無視しており、単に最後に配置されたヨハネの黙示録の最後の一文が、本来ヨハネの黙示録単品にかかっているに過ぎないのに、時の協会が、聖書の権威を高めるためなのか、聖書全体を一切改変したり付け加えてはいけないように見える構成にした。ヨハネは黙示録の性格上、未来の子孫(西暦2000年代つまり今の私たちに特に伝えたかった)にきちんと伝えるために黙示録の文章を省いたり追加を禁止する一文を入れた。ここからみても聖書全体にかかっていないことが読み取れる。

つまり、過去によって、現在も未来も規定されるわけではないのだ。

これは現在の電磁波による脳コピーにからくる記憶再現、リフレインにもつながる話なのだ。私たちは常に変わっているのである。過去の行為や祖先の過ちに永遠に呪縛される必要などないのだ。

故にその話を(ヨーロッパ)ユダヤ(と思われる者)と話をしていたら、何者かがバーチャル上で俺の頭を突然撃ち抜いた。そのとき、何故かブッシ○を思い出した!

どうやら、聖書のそういう記載を消されることを拒む連中がいる。

本当のユダヤと関係なく進んだシオニズムなど様々考えることはあるが、関係ある個々人どう考えるのか聞きたいところである

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。