iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

性奴隷を作り出しているのは、欧米のユダヤでしょう。メディア上では、性的被害の話はセンシティブになるり女性が過敏になるので、常に敵対国イメージを悪化誘導させるために、無いものもあるとして流してきた。

アメリ南北戦争以前から、アメリカ新大陸へアフリカから独占奴隷売買貿易をしていたのは偽ユダヤと聞いている

また豊臣秀吉時代、日本でイエスズ会がヨーロッパへ日本人奴隷を連れていき、裸で歩き回させていた。故に当時の流れがバテレン禁止令、踏み絵になっていった。

東インド会社はオランダが始で、イギリスがその後主となっていった

欧州、アメリカどちらも問題を抱えていて、

グローバリスト金持ちが高周波の中で女をはびこらせ、電磁波をつなげられている者のところで、良いことなどが起こると、今までいた加害人物を押し退け、その周波数数値のようなものを自らに吸収させ、自らだけ突出した良い空間を作っていく。しかし、そのように集めた人物のところで、これまで一度もなにか大した変化が起きたことはないと話を聞いている。今まで橋浦のところで起きたこととの比較で。

また、常に良い周波を発生できる人間になると、金持ちがその「子」的ポジションを金で買い、その人物の発するものと常時シンクロする位置を買う。橋浦は「自ら発せられるようになることが王道の道」だと考えるので、その良い周波数状態を破棄し、その状態を絶った。その子ポジションの金持ちは、恐らく別な人の下部に繋がったのだろう。

私は述べたい

なんでも金で処理しようとすると、こんな意味のないものばかり作って、さらに買わされてしまう

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。