iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

特に初心者用まとめ2

頭蓋骨上げや広げは、

ひとえに「頭板状筋」と「胸鎖乳突筋」のバランスの悪さから作られる。

→首が固くなる

→そのバランスを取ること

→簡単な方法もあるが、止められたり、元に戻されるので、身体バランスを意識した方がよい。少し顎をあげてみて、楽になるのなら、身体筋肉バランスである

座っているときに、股間の第一オーラを狙われた

→半ケツあげる

→腰振動、太もも振動を止める

→別周波を発する幾何学カードを置くなど

→自らの中心オーラを消す。毎度頼らないならフラワーシャーベットが効率的。何度も使えば打ち消される。打ち消されたら、時を置いて使えばよい

心臓とか体内をBMIテレポーテーションやエネルギーフィールドで狙われた

→物理的に届くなら「そこにはなにもない」とその部分や空間をさわる

→遠隔コンピューターが優先される人間本体を再認識し、コンピューター誤認状態が解除される

→さわれない場所は、たまに使うなら石炭などの遠赤外線が有効。身体内部まで届くから。磁石でもいい。他にもある。

→意識でも消せるが、コピーされれば打ち消される

→別な意識イメージをすれば、別なものなので再度できる

→コンピューター認識外(例えば素粒子以下までのサイズ)をイメージすれば、コンピューターはなにもできない

→しかし、身体表面をエネルギーフィールドから包んでなにかしたりとか、BMI体をなんらかの箱に入れて対策を講じてくることがある。

→それは現在効き目なし

→コンピューターは既存の認識までしか認識できない。

→人間含む全ては、信じれば、その先の世界までいける。素粒子より先の世界がまだまだあるということ

ここが人間とコンピューターの決定的差。故に橋浦はフロンティアに行っている。

最後に、自分のために使うと力は小さい。自分ではないなにかのために使うとエネルギーが大きい。高周波の相手も良くするエネルギーを放てば、リバースされても大丈夫。相手が受けても大丈夫(なにを言ってきても)。時間が空いて、思い出した時にでも、より大きく祈ろう。攻撃されても、自らの身ばかり守らずの意識で、特定でない誰かのためにの意識で

攻撃されたら、部屋を変えるか、床から足をあげる。あと自ら工夫

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。