iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

偽旗

呪詛事件以降、連中全体が騙しにかけられた。それはイギリスロスチャイルドレベルなども含む。騙したのが誰か調査が入った。

先日、「小泉潤一郎」の名前を出して目そらしをした公安のところに、CIAと思われる人物が乗り込んだ。その際、公安の情報が流出したと思われる。

 

公安は、東京と博多が二台拠点であると私は個人的に認識している。

2016年7月、博多の7億6千万円強奪の事件は、途中に朝日の記者が配置されていたりと、なにかから目そらしをするための事件と私は捉えていた。簡単に言えば偽旗である。公安が首謀したと当時私は捉えていた。

 

一昨日の、パパブッシュ制裁

昨日の、京都アニメーション放火

 

ブッシュは、宇宙人問題を暴露しようとしたケネディを暗殺した現場指揮官であるといわれる。その功績で大統領に就任できたといわれる。また、ナチスヒトラーが南米に逃げていたのは周知の事実かと思うが、そのエリアで発見されたブラックグーという宇宙から飛来したといわれるプログラミング液体。そのエリアの土地をすぐさまブッシュ家とドイツが買収したと言われるほど、ブッシュは宇宙人問題にかかわっている。

 

京都アニメーション放火は、ここ数年続いている、なにかばれるとまずい大きな事件が起きたときの目そらし事件であると考えられ、311のようにそのエリアの人に大きな精神的ショックを与えるときに使われる手法である。その可能性がある。「パクリやがって」は連中の下手な騙しのものであると思われ、大多数の人が死傷した環境では証明しらいことを利用したやり口である。個人的にはテレビの新聞欄で「パクリやがって」」を大きく出した放送局は信頼に値しない。しかしすべて同じようなものといえばそうなので、メディアは一定の間目そらし期間を続けかねない。そもそも延焼風景をリアルタイムに放送すること自体が、目そらし=偽旗なのである。また本日の読売新聞一面編集手帳を読めばわかるとおり、よくやるやり口なのである。

 

 

 

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。