iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

徒然 

乗っ取られたイルミナティの、幼少時の恐怖イニシエーションと周波数は、

あらゆる界隈に形を変えたテンプレート状になって、恐怖を捧げる恐怖支配=テロリズムを形成するに至った

それの原型は火星=オリオンにあるのか、月で拒否された勢力は火星には居場所があったと告白している(いま遠隔コンピューターから「黒幕」と排出されたらしい。当たっているか不明)。第四密度とも近似をなすとみている。密度それはエネルギー的あり方の結末と今のところみている。 

最新科学での

「リアリティ(現実)」とは、あなたが創造しているといえる

根源・本質に至らないものは、あなただけの現実=「バーチャル」といえ

それに閉じ込めるために、地球外との星や様々と、ヒトは本当は簡単に交信できるのに(指で○を作るだけで簡単に交信できる。送信し受信できる。橋浦は自らのオーラ内を太陽と同期させたりした。それによって電磁波侵食を消し飛ばした。宇宙の基本は○である。○はあなたの意思で、恐らくどれとでも交信できるのである。今はダミー感覚をコンピューターから与えられてわかりずらい)、それを妨げられたり、偽と会話させている

また地球人の精神レベルはおおよそ小学生レベルと述べられて久しい。

橋浦は数ヵ月前に30歳代とボイス界隈から認定された(対抗できる人物一位になった頃)。正しいか知らないが、正しいだろう。結局、「自己最優先ではないあり方をしている」と自ら自覚的だからだ。それでも実年齢より若い

支離滅裂っすかね?

ヒトはなにに影響されているか(その人や集団のリアリティ)であって、日本人は、戦後またはここ30年くらい本当のことからおいてかれっぱなしなのである

その「場」や「ムード」だけであって、「本質」や「根源」、「普遍」に興味ないでしょ?

橋浦的には

宇宙とは内部に(最新科学的表現では統一された)電磁力に満たされた空間で、それを包む枠(または膜)の外から重力がやってくる。ブラックホールは別な宇宙とつながりうる通路で、言うなら宇宙は泡のように生じ消えるものかもしれない一瞬に存在しているもの、または人間の細胞同様なもの。すべてはいる次元の問題で、どれもイメージした瞬間から存在確率が生じるもの。もしかしたらあなたの頭の中の一瞬の想像の中の出来事かもしれない。

しかし、わたしは1997/12/15?に死んだときに体験したことがあり、わたしはそれに影響され、方向付けられ今を生きている。

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。